パットの距離感をあわせる練習方法と実践方法

あなたはパットの練習をどのようにしてますか?

パターの練習をパターマットだけで練習していると

コースに出るとパターの距離感があいません。

こんなお悩みがありませんか?

パットの練習方法には、距離感を掴む練習と

パットのストロークを良くする練習の2タイプがあります。

練習グリーンで距離感の練習方法

距離感をあわせるには、ラウンド前にロングパットを練習します。

自宅ではストロークの練習を行っているので、練習グリーンで行うのは距離感です。

練習グリーンの平らな場所で

10ヤード、20ヤード、30ヤードと

距離を変えてストロークの大きさで距離感を作ります。

平らな場所で距離感をつかんだら上りと下りも練習します。

上りのとき、どれくらい転がりが遅くなるか?

下りのとき、どれくらい転がりが早くなるか?

を確認します。

ストロークの練習方法

自宅でのパターマットは距離感の練習にはなりません。

パターマットはストロークの練習を行う道具と考えてください。

ストロークの練習は、下半身を固定し、肩でストロークする動きを練習します。

安定感のあるアドレスで、正しいストロークが出来て、はじめて距離感をつくることができます。

ラウンド実践編

ラウンドの前に必ず確認することは、本日のグリーンの速度です。

マスター室の前に本日のグリーンの速度が掲示されています。

アマチュアが使用するグリーンの速度はおよそ9〜9.5ftです。

グリーンの速度はスティンプメーターで計測されています。

因みにプロのトーナメントの速度は13ftになります。

練習グリーンで距離感を確認しているので、

コースにでたら、傾斜や芝目を読むだけで、

あとはしっかりとストロークするだけです。

もしあなたが

3パットを減らしたい!

と悩んでいるのであれば、↓の練習方法がオススメです。

パッティングの上達には正確なインパクト

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク