ゴルフコースでメンタルの強いゴルファーになるには?




Masters逆に、メンタルの弱い人はスコアを崩します。

例えば、パートナーの視線がきになり肩に力が入りスイングリズムが崩れてミスショットになる。

2mのバーディパットを入れなくてはと思い ョートしてしまう。

池越のティーショットでは「池に入りそう」と怖がり、スイングリズムが崩れて池ポチャになる。

メンタルが強ければ、スコアも良くなり、もっとプレーが楽しめます。

例えば、バーディパットを強気のタッチで楽々、真ん中からカップイン左にOB、右に池があっても、いつもどおりのスイングでナイスショット。



メンタルの強いゴルファーはスコアがアップする

パートナーがお喋りしてても気にせず練習場と同じスイングでナイスショット。

メンタルの弱い人は、

やっぱり今日も力が入り上手くいかないなぁ、とか、やっぱりおれはスイングの切り返しが速すぎてミスショットになる、などのネガティブな発言やネガティブな考えを繰り返すことにより、無意識のうちに自分の心の中に壁を作ってしまいます。

そして自然とその壁が自分の中で大きくなってしまい、その壁をなかなか乗り越えることができなくなってしまいます。

それにより、スランプに陥ったり、レベルアップが遠回りします。

メンタルに強くなるには、プレー中、ネガティブな言葉を口に出さないで、ポジティブな発言を増やしましょう。

ラウンド中、

ショットはテイクバックからフィニッシュまでゆったりとスイングする、このティーショットは必ずフェアウエイに打つぞ、このパットは絶対に入れるぞ、などのポジティブな発言を繰り返しながらラウンドする場合と、

ラウンド中に、

下のパットは速そうで難しそうだ、

バンカー越えだ、ショートしたら大変だ、

池越えのショートホール苦手だ、

またOBしそうな気がする、

などネガティブな発言を繰り返しながらラウンドする場合とでは、前者の、ポジティブな発言を繰り返しながらプレーした方がスコアは良くなります。

ゴルファーは”今日は練習場と同じスイングが出来る”

ことだけを考えてプレーすれば必ず良いゴルフが出来るとおもいます。

ゴルフはメンタルを強化すれば、あなたが持つ本当の実力を発揮できます。

是非、お試し下さい。

スポンサーリンク