練習場で出来ることが、コースではできない?




練習場ではきっちり出来るのに、

なぜか、コースにでるとまるで駄目。

人が変わったみたいにスイングが変わってしまう。

どうすれば、練習場と同じようなショットを打てるのでしょうか?



コースで練習場と同じように打てる練習法

「なぜ、コースにでると実力を出せないのか?」

コースではアドレスの向きが狂ってしまったり、アイアンでダフったり、などの理由もありますが、 コースではスイングリズムが早くなる。

ことが一番の違いです。

練習場とコースで同じリズムでスイングをできる人は、ゴルフが上手い人ですね。

練習場では何度も球を打つことができますが、コースではワンショットで結果がでてしまいます。

スイング技術よりもメンタルに影響されます。

ゴルフのメンタルは非常に厄介な物です。

殆どのゴルファーがコースではリズムが早くなります。

スイングリズムが早いと、肩の回転が不十分になり、軸もぶれやすくなり、インパクトのタイミングもズレます。

スイングリズムが早くなることがミスショットの原因になるのです。

私が練習場でもコースでも心がけていることは、スイングリズムを抑えて常にフィニッシュまでクラブを振っています。

どのクラブもフィニッシュまで降ることでスイングリズムがゆったりします。

スイングをゆったり振っても飛距離は落ちません、逆にスイング軸が安定し、肩が十分に回転するので飛距離が伸びます。

スポンサーリンク