毎日ストレッチして飛距離を伸ばそう






飛距離が伸びるストレッチ

ストレッチ不足でスイングをすると

スライスになり飛距離がでないです。

ストレッチを十分に行えば、飛距離を伸ばせます。

ストレッチはケガを防止するためにも大切です。

必ず、練習前やラウンド前には次の順番にストレッチをしましょう。

(1)肩の関節 

アイアンを2本重ねて持ちます。

体の前後で、ゆっくりとクラブを大きくまわします。

肩の関節をストレッチできます。

(2)股関節 

足を左右に広げて、シコを踏むようにゆっくりと屈伸します。

次に、足を前後に広げて、ゆっくりと屈伸します。

反動を付けずにゆっくりと股関節を伸ばします。

(3)肩甲骨 

クラブを方に担いで上半身をひねります。

肩甲骨をストレッチすることで肩の可動域が広がり、飛距離がアップします。

自宅では毎日風呂あがりなど、肩甲骨、股関節を普段からストレッチをすると飛距離アップの効果があります。

毎日、5分でも良いのでストレッチを習慣にしては!

スポンサーリンク