毎日ストレッチして飛距離を伸ばそう

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離が伸びるストレッチ

ストレッチ不足でスイングをすると

スライスになり飛距離がでないです。

ストレッチを十分に行えば、飛距離を伸ばせます。

ストレッチはケガを防止するためにも大切です。

必ず、練習前やラウンド前には次の順番にストレッチをしましょう。

(1)肩の関節 

アイアンを2本重ねて持ちます。

体の前後で、ゆっくりとクラブを大きくまわします。

肩の関節をストレッチできます。

(2)股関節 

足を左右に広げて、シコを踏むようにゆっくりと屈伸します。

次に、足を前後に広げて、ゆっくりと屈伸します。

反動を付けずにゆっくりと股関節を伸ばします。

(3)肩甲骨 

クラブを方に担いで上半身をひねります。

肩甲骨をストレッチすることで肩の可動域が広がり、飛距離がアップします。

自宅では毎日風呂あがりなど、肩甲骨、股関節を普段からストレッチをすると飛距離アップの効果があります。

毎日、5分でも良いのでストレッチを習慣にしては!

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
毎日ストレッチして飛距離を伸ばそう
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!