ロングパットの距離感とグリーンの芝目を読む方法

ロングパットは練習する機会も少なく、苦手なゴルファーも多いのでは…。

ラウンド中はアプローチがピンに寄らず、ロングパットを残す場面は幾度も巡ってきます。

苦手なロングパットを克服するには、距離感をしっかりと掴むことが大切です。

距離感を掴むには、高い姿勢で素振りをする

ロングパットでは、姿勢を高くして素振りをしてください。

姿勢を高くすることにより、

カップが良く見え、距離をイメージしやすくなります。

距離感を掴むには、カップを見ながら距離感をイメージする

イメージの中でボールを打ったつもりになって素振りをし、カップまでボールが届くストロークを見つけることが大切です。

グリーンの芝目を読む

グリーンの芝目を読めればパットでスコアを崩さずにすみ、芝目が読めないために、3パットになるケースは多いのでは?

芝目を読むには、カップを上から見る

カップを上から見ると、芝がどちらの方向に倒れているか確認できます。

芝の影響を一番うけるのは、ボールの勢いが弱くなるカップ周辺です。

芝目を読むには、芝の色をみる

芝の倒れている方向でグリーンの色がかわります。

傾斜を読むときに、ボールとカップの周辺の色を確認します。

白っぽく見える方向から順目で早いです。

黒っぽく見える方向から逆目で遅いです。

芝目を読むには、地形から予測

地形から芝目を予測し、カップの縁やグリーンの色で再確認すれば、読み間違いを防げますよ。

・山側から海側へ順目

・川や池の方向に順目

・水が流れる方向に向かって順目

・人が歩く方向に向かって順目

・芝目が傾斜と同じ場合も多い

微妙なタッチの違いでボールの方向が大きく変わってしまうのがパッティングの難しいところ。

繊細なパットだからこそ気持ちに迷いが生まれ、慎重になり過ぎてイメージしていたラインとは違う結果になることもあります。

距離感の掴み方やや芝目の読み方を参考にしてスコアアップに繋げてください。

もしあなたが、

パットの距離感を磨きたい!

と考えているならば、↓の練習方法が役立つと思われます。

ロングパットは距離感、ショートパットは方向性を重視

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク