ドライバーの飛距離アップに効果的な練習方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフには、「効果的な練習」と「やっても無駄な練習」があります。

ゴルフが上達するためにはその法則を習得することが基本になるわけです。ただ闇雲に数多くのボールを打てば上達するか、というとそんなこともありません。

ゴルフの上達はただ単純に打ったボールの数や練習時間だけで決まるものではないのです。実は、ゴルフという運動の上達の法則に合った練習が結果的に上達を生むことになるのです。

今日は、ゴルフに「効果的な練習」と「やっても無駄な練習」を紹介します。

1.ドライバーの飛距離を伸ばす練習法

「飛距離が伸びる練習」と「やっても無駄な練習」を紹介します。

ひたすらボールを打つ練習はスイングを固める反復練習です。スイングが良い動きをしているなら反復練習は素晴らしい練習です。

重要なポイントは他にもありますが、大切なのは「ゴルフ練習は質が大切」ということです。

(1)飛距離をロスしている原因を知る

飛距離を伸ばすために最初のステップは「自分を知る」ということです。今の自分のスイングを知らずにとりあえずボールを打っているゴルファーが多いです。これは、効果がないだけでなく、むしろ悪影響があります。

「ボールをひたすら打つ」という反復練習は今のスイングを固める効果があります。悪いスイングを繰り返すと悪いスイングが定着します。

スイングを磨いて上達するには、今の自分のスイングを把握して、明確にすることで理想のスイングに近づけることができます。スイングを把握するために鏡でスイングをチェックしたり、撮影してチェックしましょう。

たとえば、バックスイングで上体が真右を向くまで肩は十分回っているか?

どうでしょう、できていますか?

(2)問題の「本当の原因」を探す

スイングをチェックして「ここがダメだな」と気づいたとします。

でも、すぐに直そうとしないで問題の「本当の原因」を探しましょう。

たとえば、「バックスイングで肩がまわっていない」という問題を見つけたとします。

これには、複数の原因が考えられます。

  1. アドレスで猫背になっていないか?
  2. バックスイングは速すぎないか?
  3. 肩や腕に力が入っていないか?
  4. バックスイングで右腰が右に流れていないか?

この原因に対して、悪い症状が出ます。

  1. 猫背になるとバックスイングで肩が回りにくくなります。
  2. バックスイングが速すぎると肩の回転が浅くなりやすいです
  3. 肩や腕に力が入ると肩の回転が浅くなり、ヘッドが走りにくくなります。
  4. 右腰が右に流れると軸がぶれて肩がまわりにくくなり、打点が不安定になります。

いかがでしょうか?

「バックスイングで肩の回転が浅い」という問題を1つ例にしましたが、複数の原因が考えられます。バックスイングで肩がまわらないのは「体が硬いから」と思っている人が多いですが、実は他の原因のケースも多いです。

猫背が原因なのに、無理に肩を回そうとすれば軸が大きくずれます。その問題の「本当の原因」を探しましょう。本当の原因を見つければ対応は簡単です。

誰もが飛距離をロスする原因を持っていますからその「本当の原因」を取り除けば、あなたの飛距離はアップしますよ。

(3)スイングを直すときは「素振り」がおすすめ

スイングを直しているときはミスショットを気にする必要はありません。スイングを直すときは極端な動きで直す場合が多いです。

極端な動きをするのでリズムも変わりますし、スイングに違和感もあります。狙ったところにボールは飛びません。ミスショットが出ると不安になると思いますが、でもミスショットが出たからといって元に戻してはいつまでもスイングを直せませんよね?

スイングを直しているときはミスショットを気にしないようにしましょう。

おすすめは「素振りをメインに練習する」という方法です。ボールを打たないのでミスショットがでません。素振りなら練習課題に集中できます。その結果、気持ちよく振り切れるスイングが身につきますよ。

2.振り遅れを防いで飛距離を伸ばす練習法

振り遅れを直すにはどうすれば良いのか?

振り遅れとはダウンスイングで体の動きに対して腕やクラブが遅れすぎている状態です。振り遅れるとスライスや飛距離ロスにつながります。簡単な方法で振り遅れを防げます。

振り遅れにはいくつかの原因がありますが、今回は3つの原因と対策をご紹介します。あなたに当てはまるケースがないかご確認下さい。

(1)バックスイングが早い

いつもは安定しているのに、突然不調になる場合は「リズムが早い」という可能性が高いです。無理に飛ばそうとしたり、久しぶりのラウンドの場合に多いですね。

リズムが早いと体の回転に対して腕やクラブが追い付かずに振り遅れになります。

この場合は、クラブの重さを感じながら、気持ち良いリズムでスイングすると良いでしょう。

これで解決します。

リズムが早くなったために振り遅れるのは中級者、上級者に多いです。

(2)過度な体重移動

必要以上に体重移動を行うと、振り遅れになりやすいです。

最近のクラブは体重移動よりも体の回転をメインにした方が良いです。その方が飛距離も伸びますし、方向性も安定します。

こちらの動画が参考になります。

【動画】ジェイソンディーとロリー・マキロイ スイングスロー再生

バックスイングで下半身が右に動いていないです。

「テークバックで右膝を動かさない」がオススメです。

(3)バックスイングで腕を使いすぎ

振り遅れの原因としてアマチュアにとても多いケースです。

バックスイングを腕で上げてしまうと振り遅れになりやすいです。

バックスイングを腕で上げると腕が体の正面から外れます。体の正面からはずれた状態でバックスイングを開始するので、インパクトでも腕が体の正面に戻りにくいです。

一度、腕が体の正面からはずれるとスイング中に戻すのは大変むずかしいので、体の正面からはずれないようにバックスイングをする必要があります。

大切なのは、テークバックの始動で腕と肩でできる三角形をくずさないようにすれば振り遅れを防ぎやすいです。

「振り遅れは腕の振りが不足している」と思う方が多いですが、多くの場合は「テークバックの初期」で振り遅れの原因が発生しています。

3.肩の回転を大きくして飛距離を伸ばす練習法

体が硬いとバックスイングで肩の回転が浅くなります。

また無理に肩を深く入れるとスイングが安定しなくなり、スイング軸がずれて飛距離が落ちてしまいます。

ではどうすれば、肩を深くいれて飛距離を伸ばせるのでしょうか?

(1)猫背になると肩がまわらない

肩が回らない原因の1つがラウンド時の「猫背」です。

普段の練習では猫背ではないのに、ラウンド中や調子が悪いときだけ猫背になっている人もいます。もしかすると、あなたも少し背筋を伸ばすだけで飛距離がアップするかもしれません。

アドレスで背筋を伸ばすと体の回転がスムーズになりクラブの通り道ができます。これは、飛距離が伸びると同時にスイングが安定します。

(2)アドレスでアゴを少しあげる

アゴを引いてアドレスをすると肩の回転が不足しがちです。

アドレス時にアゴを少し上げてみてください。頭が天からつられているという感じで、ボールを見下ろす感じになります。ボールを真っ直ぐに見ている場合はアゴを引きすぎですからアゴを少し上げると良いでしょう。

アゴの下に空間をつくることで、肩の回転がしやすくなり飛距離も伸びます。

(3)肩に力が入ると可動域が狭くなる

あなたは飛ばそうとして無駄な力がはいっていませんか?

力を抜いた方が飛距離はでるものです。ですからほんの少し手や肩の力を抜いてスイングをしましょう。人間の体は力が入ると可動域が小さくなります

「肩と腕にギュッと力を入れた状態」で頭の上で「両手をあわせられるか?」を試して下さい。肩と腕に力を入れると両手を合わせにくいはずです。肩と腕から力をぬけば頭の上で両手を合わせやすいです。力を抜くと可動域が広くなるからです。

同じ理屈で肩の力を抜くとバックスイングで肩がまわりやすくなります。肩がまわるので腕の力を使わずにすみます。特に右腕の力を入れ過ぎないようにしましょう。

まとめ

1.飛距離を伸ばすために効果的な練習方法

(1)飛距離をロスしている原因を知る
(2)問題の「本当の原因」を探す
(3)スイングを直すときは「素振り」がおすすめ

2.振り遅れを防いで飛距離を伸ばす方法

(1)バックスイングが早い
(2)過度な体重移動
(3)バックスイングで腕を使いすぎ

3.肩の回転を大きくして飛距離を伸ばす方法

(1)猫背になると肩がまわらない
(2)アドレスでアゴを少しあげる
(3)肩に力が入ると可動域が狭くなる

重要なポイントは他にもありますが、大切なのは「ゴルフ練習は質が大切」ということです。

間違った練習をすると下手を固めることになるので練習内容は注意して決めましょう。

正しい練習方法を続ければゴルフはかならず上達します。

こちらにも正しい練習方法がありますので参考にして下さい。

ヘッドを加速させる~安楽流ゴルフスイング理論~
ヘッドを加速させる~安楽流ゴルフスイング理論~
飛ばすリズムを体得することによってさらに飛ばすことができます。どのようにしてこのリズムを体得すべきかを分かりやすく伝えています。このリズムを身に付ければ、あなたも年齢や身体能力に関係なく、今より20ヤード以上伸びるでしょう。

飛距離が伸びるとゴルフが面白くなります。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!