ランニングアプローチやチップショットでチップイン

スピンをかけず「転がるアプローチ」を打てればミスも少なく、チップインバーディーや寄せワンを取れる確率も増えます。

転がすアプローチは「攻めのゴルフ」に必須のワザ

転がすアプローチは「グリーンを外してもチップインバーディーを狙う」
そんな攻めのゴルフに必要なワザです。

(1)転がすアプローチをするにはスピンを減らす必要がある

ボール位置、フェースの開閉、アドレスの重心位置を変えることで多様なボールを打てます。

スピンを減らす方法としては、「右腰をボディーターンで目標方向に出す」

イメージで打つとボールにかかるスピンが減り転がるアプローチを打てます。

(2)キャリーとランの距離が均等になるクラブを使い分ける

人により多少の違いはあるが、9番、8番アイアンはアプローチの場合、

キャリーとランの距離が均等になります。

AW、PW、9番アイアン・・・とクラブを変えることでキャリーとランの比率が変わります。

番手をあげるほど転がるボールになります。

(3)易しいのは「クラブを変える」

打ち方を変えるか、クラブを変えて打ち分けるの選択があるが、易しいのは、「ミスになる確率を減らす」という意味でも転がすときはクラブを変えるという方がオススメです。

アプローチのバリエーションを増やすとグリーン周りが面白くなりますよ。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク