年齢を重ねてもドライバーで飛距離を伸ばす練習






ソフトにクラブを持てばヘッドスピードが上がる

クラブをきつく握るとヘッドスピードを加速させることができません。

それにはゆるゆるグリップがお勧めです。

しかしゆるゆるグリップは起動が正しくないと暴れてしまいます。

スイング軌道が暴れる方はオンプレーンに乗せる練習も合わせて必要です。

グリップは、腕や手をもっとリラックスさせてソフトでゆるゆるにクラブを持ちましょう。

そしてできるだけ肩を大きく深く回す ことを心がけます。

年齢とともに体が硬くなるのが、飛距離ダウンの原因の1つです。

若い頃のように肩がまわらなくてもかまいません。

できるだけ肩を大きく深くまわす、これが飛距離を伸ばす

ゴルフの飛距離アップには、柔軟性がとても大切なのです。

柔軟性アップするコツは、 毎日のストレッチを習慣化することです。

ストレッチは継続すると効果が高いです。

寝る前にストレッチをする習慣を取り入れてみてはどうですか。

肩を十分にまわすことで、リズムが良くなり、 ヘッドスピードが向上します。

スポンサーリンク