ドライバーの飛距離をアップさせたい時に

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離をアップさせる方法はたくさん

雑誌やゴルフレッスン番組などでも飛距離をアップさせるための様々な方法が紹介されています。
これらの飛距離をアップさせる方法は、人それぞれ『合う合わない』があります。

つまり、飛距離が出るプロ選手の打法・スイングが必ずしもあなたの体格や柔軟性にピッタリ合うとは限らないのです。

数ある飛距離をアップさせる方法の中から、あなたに合う飛距離をアップさせる方法を
見付けることができるのが理想となります。

飛距離アップさせる練習ドリルがありますので参考にしてください。

ドライバーの飛距離をアップさせるための打法・スイングを行う時に、 絶対にしてはいけないことをご紹介します。

ドライバーの飛距離をアップさせるためには、 絶対にしてはいけないことは、トップのポジションからは絶対に、右上半身である、右肩、右腕、右手グリップ からダウンスイングを スタートしないようにしてください。

右利き右打ちの方の多くは、飛距離を出そうとすると、 利き腕である、右腕を使ってダウンスイング時にクラブヘッドを加速しようとしてしまいます。

飛距離を出すためには、ダウンスイング時に右腕を使ってスイングすることは絶対にいけません。

ダウンスイング時に右腕を使い過ぎてしまうと、かえって飛距離が落ちてしまうことがあります。
これは、ダウンスイング時に、右腕を使えば使うほど、ダウンスイング時に右肘が伸びてしまうためです。

ダウンスイング時に右肘が伸びてしまうことにより、ダウンスイング時に『タメ』が生まれなくなってしまいます。

それにより、クラブをムチのように使ってダウンスイングすることができなくなってしまいます。

その結果、インパクト前にクラブヘッドが失速してしまい、正しくクラブヘッドが加速した状態でインパクトを迎えることができなくなってしまいます。

例えインパクト時にクラブの芯でボールをヒットすることができても、インパクト時には失速してしまっているので、飛距離は出ません。

過去に飛距離を出そうとして利き腕である右腕で力一杯スイングしても、『飛距離が意外と出なかった』という経験をしたことはないでしょうか?

それはこのためです。

飛距離をアップさせるためには、左上半身主導でスイングできることが理想。

プロ選手も左腕や左背中の筋肉などの左上半身を鍛えるのはこのためです。

左上半身主導でスイングすることができれば、ダウンスイング始動後、インパクト前のクラブヘッドの失速を防ぐことができ、飛距離をアップさせることができるようになります。

過去に、力を抜いて軽く振ったら飛距離が出たという経験をしたことはないでしょうか。

これは、力を抜いて軽く振ることにより自然と右上半身の使い過ぎを抑えることができ、左上半身主導でスイングすることができるためです。

左上半身主導でスイングすると、

本人は、『あまり振っていない』という感覚になるのに飛距離が出るのはそのためです。

トップのポジションからダウンスイングの始動時には、右上半身の、右肩、右腕、右手グリップに力が入り過ぎないようにすることを意識してください。

右上半身主導でスイングしないようにすることを意識してください。

トップのポジションからダウンスイングの始動時には、右上半身の右肩・右腕・右手グリップ に入っている力よりも、左上半身の左肩・左腕・左手グリップのほうが、強く力が入っている状態で、左上半身主導でダウンスイングすることを意識してください。