正しい体重移動でドライバーの飛距離を伸ばす

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローボールを打ち飛距離を伸ばす方法

ドライバーで飛距離を伸ばすには必ず、ダウンスイングの体重移動が必要です。
ダウンスイングの体重移動」とはダウンスイングで体を、左足側(ターゲット方向)へ移動させる動きです。

トップのポジションから、ダウンスイング始動後、体重移動を行い、インパクトでは体重が、
左足側に多く乗っているのが理想的です。

この「ダウンスイングの体重移動」ではダウンスイングで、上半身と下半身の両方がしっかり体重移動できるのが理想的です。

上半身か下半身かどちらか片方だけの体重移動ではしっかり飛距離を出せません。

ダウンスイングで上半身と下半身の両方をしっかり体重移動させるためにダウンスイングでは、
左肩、左腰、左膝の3つをセットにして、ターゲット方向へ移動させることを意識してください。

左肩、左腰、左膝の3つのうち、どれか1つでも移動できなければ飛距離が出なくなってしまいます。

注意点としてこれら3つがダウンスイングで、上方向 に移動しないように注意してください。

これら3つが上方向に移動してしまうとその時点でターゲット方向への体重移動が止まってしまいます。

トップのポジションからは、左肩、左腰、左膝の3つが上方向に移動しないように注意しながら3つをセットにして、地面と平行に移動させることを意識して下さい。

あなたのダウンスイングはいかがでしょうか?
アマチュアの多くはダウンスイングで、左腰はしっかり体重移動できていますが、残りの、左肩、左膝をしっかり移動できていないことがあります。

3つのうち、左腰の体重移動だけでは、1/3しか持っている力が発揮できなくなってしまいます。

左肩、左腰、左膝の3つをしっかり移動できると飛距離を伸ばすことができます。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
正しい体重移動でドライバーの飛距離を伸ばす
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!