距離の長いバンカーショットの練習法




ピンまでの距離が30ヤードもあるバンカーショット。

あなたはどうやって打ちますか?

30ヤードの距離があるバンカーショットを

ピンに寄せるのは簡単ではありませんが、

グリーンに乗せるだけなら簡単にできる方法があります。

グリーン周りでのミスショットはスコアダウンに直結します。



距離のあるバンカーショットを攻略する

ピンまで30ヤード!

距離の長いバンカーショットを

成功させる方法として、

残り距離が30ヤードというバンカーショットで

S/Wを使うには、

「砂を薄く取る」必要がありますが、

これは難易度が高いです。

アマチュアが無理をすると、

体の動きが必要以上に大きくなり

ボールを直接打ってホームランになります。

この場合のオススメはこれです。

S/Wの代わりに、A/WやP/Wを使う。

ロフトがある分、前に飛ぶ力が大きくなり

30ヤードの距離を打ちやすくなります。

S/Wより低くでて、ランの多いボールになります。

打ち方はS/Wと同じです。

クラブフェースを開きエクスプロージョン。

A/W、P/Wもフェースを開くことで

バンス効果が使えます。

「砂を薄く取ろう」という意識は不要です。

ご紹介した方法なら大きなミスにならず

グリーンにボールを運べます。

では、どうしてもS/Wで30ヤードの距離を

だしたいならエクスプロージョンの極意があります。

ボールを左寄りに置き、

フェースは開かずにバンカーショットをします。

ボールの高さも上がり、距離も出せます。

是非お試し下さい。

スポンサーリンク