パターが上手くなるグリップ・プレッシャー

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリップで握り方に次いで重要なのは、グリップ・プレッシャー。

つまり握るときの強さです。

たとえばパットの名手として知られる青木功プロは、左手の小指と薬指と中指が白くなるくらい強く握るべしと言っている。

そうかと思うとタイガー・ウッズは1~10のレベルでいえば、5くらい。

ゆるめのグリップは、
緊張を和らげ
パターヘッドの動きをスムーズにしてくれる、といっている。

どちらが真実なのかといえば、これはどちらも真実なのだ。

グリップの握る強さは”弱すぎず強すぎず”

青木プロの場合は、タップ式といって、パチンとボールをヒットする打ち方、つまり「インパクト時のカ加減がすべて」の打ち方だから、左手でパターをしっかり握っておかないと、パチンと打てない。

一方、オーソドックスな振り子式では、きつく握りすぎるとストロークがギクシャクしきしまう。

だから、「5くらい」なのである。

パターのグリップは、自分が描いたパッティングイメージ(タッチやストロークのふり幅)を
パターに伝える際の唯一の橋渡し役である。

ギュッと握ってしまうと、振り子のフィー リングが出なくなってしまうし、かといってゆるく握りすぎると、パターとの一体感がなくなってイメージが出なくなったり、ストローク中に手首が曲がり、ストロークの軌道が不安定になったりする。

結局、パターのグリップ・プレッシャーは

弱すぎず、 強すぎず」というところに落ち着く。

あなたも、

①ヘッドの動きが感じられる

②ストローク中、手首が折れない

のふたつのポイントに留意して、

あなたにとってベストのグリップ・プレッシャーを見つけてほしい。

グリツプの強さは、ストローク中は不変

ロングパットで思わずパンチが入ったり、ショートパットでインパクトか緩んでしまたりする原因のひとつに、「ストローク中にグリップ・プレッシャーを変えてしまう」ということがある。

ストローク中にグリップ・プレッシャーを変えてしまうと、パターのフェイスの向きが変わって、引っかけや押し出すなどのミスを誘発したり、イメージしたタッチが正確にボールに伝わらず、大オーバーや大ショートの原因になったりする。

グリップ・プレッシャーが変わってしまうのは、たいていメンタル的なプレッシャーのせいだ。

そうならないためには最初からグリップをこれ以上強く握れないというくらいに握っておくという方法もある。

「中」にしておくと、「強」にも「弱」にもなるが、最初から「強」にしておけば、あとはそれをキープしさえすればいいというわけ。

パッティングはシンプルであるに越したことはなく、これはこれで、ひとつの方法といえる。

ヘッドの動きを感じにくくなるというデメリットはあるけれど、プレッシャーに弱い人は、試してみる価値はある。

もしあなたが、

パットのストロークを良くしたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が有効です。

是非、試してみてください。

スポンサーリンク
パターが上手くなるグリップ・プレッシャー
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク