スライスとフックが直るアドレスの作り方

スライスとフックの原因は、

いくつかありますが、

突然のスライスとフックというものは、

アドレス」に原因がある場合が多いです。

スイングは簡単に変わらないですが、

アドレスがほんの少し変わると球筋は変わります。

スライスとフックになったら、

アゴ」の位置をチェックしてみてください。

アゴを引くと肩が回らない

多くのゴルファーがボールを顔の真正面で見ながらアドレスをします。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが、スライスやフックの原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、肩の回転がスムーズに出来なくなるからです。

無理に肩を回転しようとすると、肩でアゴを動かすので、スイング軸が動きます。

するとフックやスライスになります。

(1)アドレスで後ろ髪を少し引かれるイメージ

アドレスをした時に、後ろ髪を後ろに少し引っ張られるように、頭を少しあげる。

頭が天から吊られているイメージです。

(2)ボールを下目線で見る

頭を上げると、ボールを下目線で見ることになります。

頭が天から吊られていれば必然的に下目線になります。

これでOKです。

アゴを少し上げることで、バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

すると、捻転が大きくなり飛距離が伸びます。フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、スイング軸がぶれなくなります。

軸がブレなくなるので、スライスやフックも出なくなります。

頭を1センチほど上げるだけです。

それだけで、スライスやフックが直り飛距離が伸びます。

アドレスでは、このわずかな違いがスイングに大きな影響を与えます。

もしあなたが

「スイング軸がぶれて飛距離不足!」

と悩んでいるのであれば、↓の練習方法がオススメです。

体幹軸を中心とした回転運動で飛距離アップ

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク