自宅でできるパッティング練習ドリル

ハンディキャップ15のゴルファーが、

1.2mのパットを入れる確率は70%以下と言われています。

つまり、4回に1回は外します。

ショートパットは簡単に見えて、外しているものです。

ショートパットを外すと、

次のティーショットのリズムも悪くなり、

ショートパットが入ると、ラウンド全体のリズムが良くなります。



ショートパットを確実に入れる方法

ショートパットを入れるかどうかは、

パッティング数が減るだけじゃなく、

ラウンド全体に影響を与えるのでとても重要なのです。

自宅での有効なパッティング練習ドリルとして、

輪ゴム2個をパターにはめて芯だけで打つ練習をします。

輪ゴムパタードリルはパターの芯でボールを打つドリルです。

芯で打つと、ボールの転がりが安定しカップインしやすくなります。

プロとアマのパッティングの違いを知ろう!

上のパッティングストロークをよく観察してください。

グリップエンドが常におへそをさしていますね。

手を使わずに肩でストロークするとできます。

この練習をすればショートパットにありがちな下記のミスを防止できます。

・左へ引っかける
・右へプッシュする
・ダフる
・トップする
・フェース面の先(トウ寄り)に当たる(芯に当たらない)
・フェース面の手前(ヒール寄り)に当たる(芯に当たらない)

ショートパットの練習を毎日5分でも良いので習慣化してください。

もしあなたが

「ショートパットが苦手!」

と思っているのであれば、↓の練習方法がオススメです。

ロングパットは距離感、ショートパットは方向性を重視
ロングパットは距離感、ショートパットは方向性を重視
パットの距離感と方向性は、ロングパットは距離感のみを合わせ、ショートパットは方向性のみを重視する。パッティングに非常に大切なことです。距離感、方向性どちらも良くなければならない。多くの人は、パットは距離感と方向性、両方が良くなければパットは上手くならないと考えています。

参考になれば幸いです

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

自宅でできるパッティング練習ドリル
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク