アプローチのダフリやトップを防止する良い方法

アプローチのダフリやトップを防止する良い方法

アプローチの大きなミスを減らせれば、

グリーンまわりでスコアを崩さずにすみます。

もしあなたも

「アプローチでトップ、ダフリを無くしたい!」

と考えているのであれば、この記事が参考になると思います。

アプローチのトップやダフリをしない方法

(1)頭の位置を動かさない

トップ、ダフリの最大の原因が「ヘッドアップ」です。

ボールの行方が気になり、

インパクトより「前」に顔が上がりヘッドアップしてしまう。

確実にヘッドアップを防止するには

フォローをきっちりと終えるまで頭を動かさない意識を持つと良いです。

ヘッドアップをしなければ、ベアグランド、下り斜面、バンカー越えなどの状況でも簡単に打てるようになります。

バックスイングやダウンスイングで頭の位置が「左右」に動いてもトップやダフリになりやすいです。

アプローチのミスをなくすには「アドレスからフォローまで頭の位置を動かさない」
が大切です。

(2)手首を使い過ぎない

トップ、ダフリになる原因のひとつが「手首の使いすぎ」です。

短いアプローチは、

手首を固めて体の回転だけで、

機械的にボールを打ちます、

そのほうがシンプルになり、距離感が安定します。

アプローチでは飛距離をだす必要はありませんので、

手首をつかわず、体の回転でボールを打ちます。

(3)ボールの位置を確認

アプローチが不調になった場合は、

スイングを疑う前にアドレス時のボール位置がズレていないかを確認しましょう。

アドレス時のボール位置が左にずれるとトップやダフリになりやすいです。

重心位置よりもボールを右側におきましょう。

逆に、ボールの位置が右にズレすぎると、ウェッジのバンスを使えなくなります。

ゴルファーのレベルに関係なく、ショートゲームの練習こそスコアを縮めるます。

ショートゲームの精度を高めてスコアアップを目指しましょう。

もしあなたが

アプローチでトップ、ダフリが直らない!

と悩んでいるのであれば、↓の練習方法がオススメです。

ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らす方法

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク