残り100ヤードからベタピンに寄せるには!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残り100ヤードからベタピンに寄せれば、ゴルフは最高!

ですが、残り100ヤードからグリーンを外しては、
良いスコアは望めません。

残り100ヤードからのショットで多いミスは「飛ばし過ぎ」です。

グリーンをオーバーすると難しいアプローチが残り、グリーンにオンしても、カップの上にボールを打ってしまうと、下りパットになり、3パットになりやすいです。

残り100ヤードからのショットは「距離感」が重要になるわけです。

ゴルフクラブは長いクラブほど左右にぶれやすく、短いクラブほど、前後の距離がぶれやすいです。

残り100ヤードからはショートアイアンやウェッジで打つので左右のブレよりも前後の距離感が重要になるわけです。

100ヤードの距離感を正確に出すには?

(1)クラブを短く持つ

いつもの番手より一つ上げてクラブを短く持ちます、

こうすることでインパクトが安定し、方向性と飛距離が安定します。

(2)スタンス幅を狭くする

クラブを短く持つと同時に、スタンス幅を狭くします。

インパクトが安定するので、方向性と飛距離が安定します。

(3)インパクトの形に再現性を持たせる

ショートアイアンの距離が変わる原因はヘッドスピードの変化ではなく、インパクトの形が変わることで飛距離が変わります。

インパクトで手首の位置が左にずれると、ロフトが立ちます。

これは通常よりボールが低くでて距離が伸びます。

インパクトで手首の位置が右にずれると、ロフトが寝ます。これは通常よりボールが高く上がり、飛距離落ちます。

インパクト時のハンドファーストの度合いがいつも一緒なら、いつも同じ距離を打てるようになります。

ショートアイアンはインパクトの再現性を高めて距離のズレをなくします。

スコアは打数の70%がピンから120ヤード以内で打たれる。

だから、アプローチとパットを重点的に練習すべきです。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
残り100ヤードからベタピンに寄せるには!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!