「ショートパットが入らない」と悩んでいる人に必読

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショートパットが入らないと悩んでいる人へ!

ショートパットを入れるために、一番大切なのは、

インパクトでフェース面が目標方向にスクエアになることです。

ショートパットでは、ストロークの軌道は殆ど関係ない、

何故なら

フェース面とボールの接触時間が短いので、ストローク軌道の影響を受けにくいのです。

試しに、フェース面をカップに向けたまま、いろんなストローク軌道でボールを打つとわかります。

ストローク軌道に関係なく、フェース面を向いている方向にボールは転がります

もしもあなたも

「ショートパットが入らない」

と悩んでいるなら、、、

インパクトでフェース面がズレている可能性が高いです。

フェース面がインパクトでずれる一番の理由

インパクトで頭が動くとフェース面がずれます。

ショートパットは、結果が気になり、インパクトより前に顔が上がってしまい、インパクトでフェース面が右や左を向く。

フェース面がずれるので狙った場所には打てません。

カップが近くなればなるほど、ヘッドアップの傾向は強くなります。

なぜなら、短い距離は、結果を知りたい気持ちが強くなるからです。

ヘッドアップをしていなくてもインパクトで、頭が左にずれる方もいます。

ショートパットが入らないと悩んでいるなら、「パットでは、頭の位置を絶対に動かさない

をお試し下さい。

どうしても頭が動く場合は、、、

パッティングでボールを打った後に、フィニッシュの形をくずさず、ボールのあった場所を見ながら「1,2,3」と数えるようにすると、頭の位置が動かずショートパットが入るようになります。

芯で打てるようになり、ロングパットの距離感も良くなります。

パットを上達すれば、あなたの平均スコアは確実に良くなります。

もしあなたが

ショートパットが苦手!

と悩んでいるのであれば、↓の練習法をお勧めします。

パター上達練習法~ITパッティング理論~
パター上達練習法~ITパッティング理論~
ゴルフで一番重要なのはパターです。300ヤードのドライバーショットも1mのパットも1打は1打です。スイング理論は、その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など色々な条件で別れてきますが、ITパッティング理論は老若男女・・・

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
「ショートパットが入らない」と悩んでいる人に必読
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!