フェード・ドロー、高い・低いボールなど球筋の打ち分け

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。

むしろ「常に同じボールを打ち続ける」を重視した方がスコアは良くなります。

しかし「球筋を打ち分ける練習」は「ショットの感覚」を養うために良い方法です。

自分の理想の球筋を探す手助けになります。

不調になったときにスイングを調整しやすくなります。

普通、ボールの球筋を打ち分けるには、ボールの位置やスタンスの向きでコントロールする場合が多いです。

ですが、「ボールのどこを見るか?」で球筋をコントロールできます。

球筋をコントロールする方法

(1)フェードボール

ボールの一番手前を見ながら打つ。

体に一番近い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとフェードボールが打てる。

視線の位置を変えることで、微妙にスイングが変わりフェードになるのです。

(2)ドローボール

ボールの一番遠い場所を見ながら打つ。

体に一番遠い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとドローボールになる。

(3)高いボールを打つ

ボールの右端に視線を注いで打つ。

視線を変えるだけでスイングはいつもと同じにする。

スイングの最下点が右に移動し、払いうちに近い動きになります。

(4)低いボールを打つ

ボールの左端に視線を注いで打つ。

視線を変えるだけでスイングはいつもと同じにする。

スイングの最下点が左に移動し、ダウンブローが強くなります。

このように視線を変えるだけでボールの球筋を変えることができます。

この方法はアドレスを変えて球筋を変えようとするより、ミスが少ない点です。

もし球筋が変わらなくても、いつもと同じショットがでるので大きなミスショットにならずにすみます

視線の重要性を理解するためにも試す価値があります。

コントロールショットを安定させる方法

(1)やっぱりアドレスが大事

上手な人ほどアドレスを大切にします。

アドレスが良いとナイスショットの確率は大きくアップします。

コントロールショットでのアドレスのポイントをご紹介します。

・クラブを短く持つ

インパクトが安定しやすくなります。
グリップエンドを3センチは残しましょう。

・スタンス幅は狭く

スタンスを広くすると体重移動をしてしまいます。

スタンス幅を狭くした方が軸が安定しやすくなります。

・ボールはスタンス中央が基本

・左足体重(6:4)

左足に体重を多めにかけます。
軸が安定しやすくなります。

・少しオープンスタンス

バックスイングの大きさが制限され振りすぎを防止できます。

フォローで振り抜きやすくなります。

(2)バックスイングで右に体重移動しない

コントロールショットでダフル場合理由はとても単純です。

意識していないと思いますが、、

「バックスイングで右に体重移動」をしている可能性が高いです。

アドレスでの左足体重をキープしてボールを打ちましょう。

右膝の位置、腰の位置、頭の位置をキープしましょう。

全てのショットに言えることですが、、、

「ダフったらバックスイングで右に移動していないかをチェックする」

これは習慣にしておいても良いです。

(3)ヘッドを加速させながら打つ

コントロールショットで一番いけないのはインパクトで緩むこと。

加速させながらボールを打てば多少ダフリ気味でも大きなミスになりにくいです。

小さなスイングでも加速させながらボールを打ちましょう。

(4)8時ー4時の練習は沢山する

振り幅の中でもっとも難易度が高くもっとも大事なのが8時ー4時の小さなスイングです。

「毎回、練習はこのスイングからはじめる」と決めていても良いです。

それくらい重要なスイングです。

正しいインパクトの習得につながるので他のショットの練習にもなります。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
フェード・ドロー、高い・低いボールなど球筋の打ち分け
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク