最近急にドライバーの飛距離が落ちてきたと悩んでいませんか?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近急にドライバーの飛距離が落ちてきた!

このように悩んでいる人の共通点は、

「スイングリズムが速くなっている」ことが多々あります。

スイングリズムが速くなるとヘッドスピードが上がり、

飛距離が伸びそうな気がするかもしれませんが、、、

実は、自分のスイングリズムが速くなると、

飛距離が落ちるケースが多いのです。

何故なのでしょうか?

リズムが速くなると飛ばない理由?

大きな理由のひとつが肩の回転不足です。

リズムが速くなると、

気づかないうちにバックスイングでの肩の回転が不足し、

肩の回転が不足するとヘッドスピードがおちます。

肩を十分に捻転するには、ある程度、ゆったりしたリズムが必要です。

リズムが速くなると飛距離が落ちる理由のひとつです。

プロの場合は強靭な筋力があるからリズムが速くても、

肩を十分に回転できるのです。

飛ばそうと思ったら・・・

「ゆっくりと背中が飛球線の方向に向くまで肩を十分にまわす」

を優先しましょう。

バックスイングをゆっくりした方が、

ダウンスイングは速くなり、飛距離が伸びます。

バックスイングをゆっくりと上げると

飛距離が伸びるだけでなく、スイング軌道が安定します。

「飛距離が落ちてきたなー」と感じたら、

バックスイングが速くなりすぎていないかをチェックして下さい。

もしあなたが

もっとドライバーの飛距離を伸ばしたい!

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

ヘッドスピードを上げるにはヘッドを加速させる

応援しています。