一緒にゴルフをしたくなるゴルファー

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一緒にラウンドをして楽しいゴルファーとなんとなく楽しくないゴルファーと詰まらないゴルファーがいます。

せっかくですから、「あの人とゴルフをすると楽しい」と言われるゴルファーになりたいですね?

思いやりのあるプレーヤーは、 男女を問わず「あの人とゴルフをすると楽しい」と言われる
仲間にモテるゴルファーになれます。

あの人とゴルフをすると楽しい

プレーファーストです。

自分のプレーが遅ければ、周りの迷惑になります。

プレーが早ければ、集中力を保ちやすくなり、良いスコアを出しやすくなります。

プレーが早いと他のプレーヤーが困っているときにサポートをしてあげる余裕がうまれます。

プレーファーストはゴルフのレベルに関係なく、意識の問題です。

無駄な動きの少ないスマートなゴルファーを目指しましょう。

(1)トラブル時はサポートをしてあげよう

自分のプレーに集中しつつ、他のプレーヤーが困っていたら、積極的に助けましょう。

バンカーでホームランになり、次のショットもその人が打つ場合はグリーンをならしてあげる。

ボールが谷に落ちて、ピンが見えない場合は狙う方向を教えてあげる。

ラフでボールが見つからないときは一緒に探してあげる。

プレーの遅延防止になりますし、あなたが困っている時に積極的に助けてくれますよ。

(2)スイングのアドバイスはマナー違反

あなたは、一緒にプレーする人の発言で調子が崩れたことはないだろうか?

特に「スイング」についてのアドバイスは要注意。

アドバイスをする方は善意からしているが、ラウンド中に、スイングのアドバイスを
するのは「マナー違反」。

スイングのアドバイスを受けると、スイングの細かい部分を意識してしまう。

スイングの細かい部分を意識するとリズムが崩れる。

ナイスショットを打つために、スムーズなリズムで打つことが、とっても大切。

だから、スイングのアドバイスは相手を不調にする可能性が高いのです。

ラウンド中にスイングを変えるのは難しいので、アドバイスを受けてもすぐには直せません。

スイングを変えるつもりがなくても普段意識していない部分を意識するとリズムが変わります。

たとえば、

「トップの位置が低い」
「バックスイングで頭が動いている」

なんて、いつもは意識をしていないスイングの細かい部分についてアドバイスをされたら、確実にスイングに悪影響が出ます。

初心者の方とラウンドしているとついついアドバイスをしたくなるものですが、「ラウンド中に、聞かれてもいないのに、スイングの細かい部分をアドバイスをしてはいけません」

スイングのアドバイスをするなら、ラウンド後にしましょう。

(3)他のプレーヤーのスイングを褒めてはいけない

ゴルフの褒め言葉といえば
「ナイスパー!」
「ナイスショット!」
などが一般的です。

このように「結果」を褒めるのは良いです。

ですが、

「トップの位置がコンパクトで良い」

「ダウンスイングの体重移動が良い」

のように「スイング自体」を褒めるのはよろしくないです。

なぜか?

いつもは意識をしていないスイングの細かい部分を褒められると、、、

そこに意識が向かいます。

意識が向かうとスイングのリズムが崩れやすくなります。

リズムが崩れるとナイスショットは期待できません。

スイングを褒めるなら、ラウンドが終わってからにしましょう。

ラウンド中の褒め言葉は「ナイスショット」、「ナイスパー」など平凡なものにしましょう。

それがマナーであり、思いやりです。

私は一緒にラウンドをするなら、上手いゴルファーより、思いやりのあるゴルファーとラウンドをしたいです。

応援しています。