グリーンの傾斜を正確に読めば3パットが減る

グリーンの傾斜はグリーンにあがる前によみましょう。

グリーンに上がると傾斜が読み難くなります。

グリーンで一番高い所と、

一番低いところがわかれば自分がパットする傾斜も読みやすくなります。

私はグリーンに上る前にかならず

このグリーンの一番低いところはどこか?」を確認します。

そうするとグリーン全体の傾斜を把握しやすくなります。



グリーンの傾斜はグリーンにあがる前に読め

(1)グリーンの外の地形も参考にする

グリーンの傾斜はグリーンの外の傾斜と通常は一致します。

グリーンの外の傾斜と一致させないと、水はけが悪くなるからです。

グリーンの管理をしやすくするために、「グリーンの傾斜は、グリーンの外の傾斜と一致する」を覚えておきましょう。

グリーン全体の傾斜を把握しやすくなります。

(2)他のプレーヤーのボールを観察する

他のプレーヤーのパットを見ると、傾斜がわかります。

最近はストローク式のパッティングをしている人が多いので、傾斜を読むために参考になります。

特に、ボールの勢いが弱くなってからのカップ付近の転がりを観察しましょう。

観察するのは他の人のパッティングだけではありません。

他の人のアプローチも参考になります。

アプローチはスピンがかかるので、パッティングほど素直な転がりにはなりませんが、

ボールが止まる直前は、スピンが弱くなっているので、傾斜を読むための参考になります。

まとめ

他にも傾斜を正確に読むためのコツはいくつもありますが、

いずれにしろ、「スコアの半分はパット」です。

傾斜の読み方、芝の読み方など、知識を増やすことで、パット数を減らせます。

もしあなたが

3パットを減らしたい!

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

3パットが多い!パット数を減らしたいゴルファーへ

応援しています。

スポンサーリンク