ドライバーのスライスを直す方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右のOBがいつも恐いですし、飛距離がでなくて苦労しました。

右に曲がるのが怖くて、手加減をしてスイングをしていました。

スライスを直すと、飛距離が伸び、方向性が安定します。

思いっきりクラブを振っても、曲がる心配がなくなりました。

スライスを直すとゴルフがとても簡単になります。

もしあなたも

「ドライバーのスライスが直らない!」

と悩んでいるのであれば、この記事が参考になります。

スライスを防いで飛距離をアップさせる練習ドリル

ポイントは、

「バックスイングで胸の面を右に向ける」です。

スライスは、方向性も安定しませんし、飛距離も大幅に落ちます。

実はスライスを直すために、大幅なスイング変更は必要ありません。

ほんの少しの気付きで直るものです。

スライスを直すと、おもいっきりスイングして、飛距離を伸ばせます。

スライスを直すだけで、スコアを大きく伸ばせるでしょう。

ゴルフがもっと面白くなります。

独学でも、誰かに習っても良いです。

スライスをしているなら、早めに直しましょう。

もしあなたが、

スライスを直してドローボールを打ちたい!

と考えているのであれば、↓の練習方法がオススメです。

スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~
スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~
30ヤード飛距離がアップすれば、セカンドショットのアイアンも2番手短くなります。ピンをデットに狙うことができ、バーディーのチャンスも増えてきます。『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

応援しています。