ランニングアプローチでグリーン周りから攻める

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングアプローチはPGAプロでも使用しています。

パターと同じようにピンに寄れば最高です。

スピンをかけず「転がるアプローチ」を打てればミスも少なく、チップインバーディーや寄せワンを取れる確率も増えます。

これこそショートゲームの醍醐味ではないでしょうか。

では、ランニングアプローチを簡単にする打ち方を紹介します。

もしあなたも

ランニングアプローチで寄せたい

と思うのであれば、この記事が参考になるでしょう。

ランニングアプローチの打ち方

ランニングアプローチでは、ボールをスタンスの中央よりも右足寄りにセットするのが第一のポイントです。

そのボールにクラブフェースを合わせ、両手が左足太モモの前に位置するように構えると、自然にシャフトが左に傾きます。

つまり、本来のロフトよりもフェースが立った状態で構えるわけです。

例えば、ロフト角が56度のサンドウェッジを使う場合、その実質ロフト角は、53~54度になるわけです。

この状態で打っと、ボールは低く飛び出して、ランが多めに出ます。

しかし、ボールを無理に上げよとしたり、上からつぶすような打ち方をすると、このロフト角が変わってしまいす。

これは自分がイメージした弾道にならないので注意が必要です。

テークバックはあまり大きくとらず、インパクトでアドレスの形を再現するつもりで、クラブヘッドをドンと落としてくるように打ちます。

テークバックが小さいぶん、フォロースルーを大きくとる必要はありません。

ボールを打ったら、低く止める感じです。

基本的にはクラブを上げたぶんだけ、ヘッドを前に出していくイメージです。

アドレスしたときのロフト角のままボールをヒットすることが、ランニングアプローチを成功させる秘訣なのです。

ポイントは、

ボールは右足寄り

小さなテークバックからヘッドを落とすです。

注意点は、あまりスタンスを広くしないことと、極端な体重移動をしない点です。

手だけを使ってボールを打とうとすると、フェースの芯でボールをとらえられないので気を付けましょう。

転がすアプローチは「攻めのゴルフ」に必須のワザ

転がすアプローチは「グリーンを外してもチップインバーディーを狙う」
そんな攻めのゴルフに必要なワザです。

(1)転がすアプローチをするにはスピンを減らす必要がある

ボール位置、フェースの開閉、アドレスの重心位置を変えることで多様なボールを打てます。

スピンを減らす方法としては、「右腰をボディーターンで目標方向に出す」

イメージで打つとボールにかかるスピンが減り転がるアプローチを打てます。

(2)キャリーとランの距離が均等になるクラブを使い分ける

人により多少の違いはあるが、9番、8番アイアンはアプローチの場合、

キャリーとランの距離が均等になります。

AW、PW、9番アイアン・・・とクラブを変えることでキャリーとランの比率が変わります。

番手をあげるほど転がるボールになります。

(3)易しいのは「クラブを変える」

打ち方を変えるか、クラブを変えて打ち分けるの選択があるが、易しいのは、「ミスになる確率を減らす」という意味でも転がすときはクラブを変えるという方がオススメです。

アプローチのバリエーションを増やすとグリーン周りが面白くなりますよ。

もしあなたが、

ランニングアプローチを習得したい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が効果的です。

守りのゴルフと攻めのゴルフ上達シンプルグリーン周り戦法
守りのゴルフと攻めのゴルフ上達シンプルグリーン周り戦法
スコアアップにはアプローチを重点的に練習すべきだ!ということです。でも、アプローチでいくら1~3m圏内に寄せても肝心のパターが入らなければ・・・逆に、パターにいくら自信があってもアプローチで1~3m圏内に寄せなければ・・・

是非、試してください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ランニングアプローチでグリーン周りから攻める
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!