ランニングアプローチでグリーン周りから攻める

ランニングアプローチは

PGAプロでも使用しています。

パターと同じようにピンに寄れば最高です。

これこそショートゲームの醍醐味ではないでしょうか。

では、ランニングアプローチを

簡単にする打ち方を紹介します。

もしあなたも

ランニングアプローチで寄せたい

と思うのであれば、この記事が参考になるでしょう。

ランニングアプローチの打ち方

ランニングアプローチでは、

ボールをスタンスの中央よりも

右足寄りにセットするのが第一のポイントです。

そのボールにクラブフェースを合わせ、

両手が左足太モモの前に位置するように構えると、

自然にシャフトが左に傾きます。

つまり、本来のロフトよりもフェースが

立った状態で構えるわけです。

例えば、ロフト角が56度のサンドウェッジを

使う場合、その実質ロフト角は、

53~54度になるわけです。

この状態で打っと、ボールは低く飛び出して、

ランが多めに出ます。

しかし、ボールを無理に上げよとしたり、

上からつぶすような打ち方をすると、

このロフト角が変わってしまいす。

これは自分がイメージした

弾道にならないので注意が必要です。

テークバックはあまり大きくとらず、

インパクトでアドレスの形を再現するつもりで、

クラブヘッドをドンと落としてくるように打ちます。

テークバックが小さいぶん、

フォロースルーを大きくとる必要はありません。

ボールを打ったら、低く止める感じです。

基本的にはクラブを上げたぶんだけ、

ヘッドを前に出していくイメージです。

アドレスしたときのロフト角のままボールを

ヒットすることが、ランニングアプローチを

成功させる秘訣なのです。

ポイントは、

ボールは右足寄り

小さなテークバックからヘッドを落とすです。

注意点は、あまりスタンスを広くしないことと、
極端な体重移動をしない点です。

手だけを使ってボールを打とうとすると、

フェースの芯でボールをとらえられないので気を付けましょう。

もしあなたが、

ランニングアプローチを習得したい!

と考えているのであれば、↓の練習方法が効果的です。

グリーン周り寄せるアプローチ・入れるパター練習法

是非、試してください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク