アプローチが上達しない一番の理由とは?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーショットは飛ぶけどグリーンに上がってみると皆と一緒!

アプローチに問題があるのではないでしょうか?

バンカー越えのアプローチなど短い距離のショットでボールを高く「ふわっ」と上げて打ちたい時があります。

そんな時に必要になるのが ロブショットです。

ですが、

ロブショットを必要以上に、多用してはいけません。

距離感をあわせるのが難しく、ミスをしたときのダメージも大きいからです。

グリーン周りでは、できるだけ「転がし」を選択する方が賢明です。

ボールを上げようとするとき、すくい上げているかも知れません。

これが、ダフリトップの原因になります。

スイングでボールを上げようとすると、ボールをアッパー軌道で打つことになります。

地面の上にあるボールをアッパー軌道で打つのは、物理的に不可能です。

スイングでボールを“すくい上げる”のではなくクラブに仕事をさせてください。

クラブに仕事をさせればボールは自然に上がってくれます。

この2つの「上げようとする」が、アプローチが苦手な方に多い間違いの典型例です。

もし、あなたがアプローチで「上げよう」としているならこの記事が参考になります。

アプローチが上達しない理由

それは「正しいアプローチの打ち方を理解していない」という間違いです。

正しいアプローチの打ち方を学ぶ機会って少ないので 仕方がないかもしれません。

真面目な方ほど、練習量を増やして上達しようとします。

ですが、アプローチを上達するには、 練習量を増やす前に「正しい打ち方を理解する」が先です。

目標とするスイングを理解していなければ、どんなに練習をしても効果は低いです。

ボールを狙った場所に打てなかったとき原因がスイングなのか、アドレスなのかわかりません。

急に不調になり、トップ、ダフリ、シャンクが出たとき原因がスイングなのか、アドレスなのかわかりません。

あなたが、アプローチを上達したいなら、やみくもに練習量を増やす前に、「正しいアプローチの打ち方」を理解してから練習することお勧めします。

独学でもプロに習ってもかまいません。

アプローチを上達するために、大切なのは、

・正しい打ち方を「理解」する
・正しい打ち方を身につけるために練習する
・距離感を養う

この順番です。

「練習」の前に、正しい打ち方を「理解」しないとダメです。

言われれば、当たり前の話なのですが、、、

練習熱心なベテランゴルファーでも、意外と出来ていないケースは多いです。

もしあなたが、

アプローチが上達しない!

と悩んでいるのであれば、↓の練習法を試してください。

http://egolfview.com/archives/13534

参考になれば幸いです。