肩の回転でドライバーの飛距離を伸ばす練習方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「腕を早く振る」はダメ!

飛距離不足に悩む方に多いケースです。

実は、、、

腕の力だけでヘッドスピードを上げることは難しいです。

腕の筋肉は足、背中、腹筋などに比べてパワーが小さいからです。

そして、腕の力だけでスイングすると、クラブヘッドの軌道が不安定になります。

腕の筋肉は足、背中、腹筋などに比べて器用に動くからです。

腕の力に頼ると、飛距離がアップしないだけでなく、ショットが不安定になるわけです。

肩の回転で飛距離を伸ばす方法

腕を早く振る」ではなく、「肩を早く移動させる」が正解です。

「肩を早く移動させる」を意識すると、背筋、腹筋、足などパワーのある筋肉を使えます。

大きな筋肉なので、スイングの再現性も高いです。

具体的には、、

・左肩からダウンスイングをスタートさせる

・左肩を地面と平行にアウトサイドへ移動させる

・左肩をターゲット方向へ、より速いスピードで移動させる。

これらを意識すると飛距離がアップします。

肩を動かそうとすると、頭も一緒にターゲット方向へ流れると心配かもしれませんね。

首の付け根の出っ張った骨を動かさず、肩を早く移動させましょう。

頭がターゲット方向に流れることなく、左肩は自然と背後に回転していきます。

「腕を早く振ろう」ではなく

「肩を早く移動する」という意識すると

ショットが安定し、飛距離が驚くほどアップしますよ。

飛距離を伸ばす方法は他にもいくつかあります。

大切なのは、飛ばない理由をハッキリさせてから対策をすることです。

私の友人のケースでは、「腕の力に頼り過ぎ」が原因で飛距離をロスしていました。

飛距離不足に悩んでいる方は、「オレには飛ばしの才能がない」とあきらめている方もいます。

しかし、ちょっとした知識不足で、飛距離を大きくロスしているケースが殆どです。

特にアマチュアゴルファーは、飛距離を伸ばせる可能性が高いです。

それはスイングの完成度が、プロに比べて低いからです。

まとめ

飛距離を伸ばすには、

・飛距離が出ない原因をハッキリさせる

・飛ばない原因の解決策を見つける

・実践する

この順番です。

今の時点で「飛ばない」と悩んでいる人ほど、飛距離が伸びる可能性は高いです。

飛距離をロスしている原因が複数ある可能性が高いからです。

大きく飛距離を伸ばせる可能性が高いです。

応援しています。