ゴルフスイングで力まない方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

力むと飛ばなくなる

適度な力感でスイングをするとスイングにキレが生まれ、

方向性が安定し、飛距離も伸びます。

ただ、「力むな」と言われてもそう簡単にはできないですよね?

「力みを取る」簡単な方法をご紹介します。

私もこの方法を実践してから力みが取れ、スイング軌道が安定するようになりました。

スイングから「力みを取る」簡単な方法

(1)両足をしっかりと踏みしめる

「力まないためには、手や腕の力を抜く」

ということがポイントですが、

意識してもなかなか上手くいかないものです。

そんなときは、意識する場所を変えてみましょう。

意識を腕や手ではなく、

下半身、両足をしっかりと安定させる」これを意識しましょう。

「アドレス時に両足をしっかりと踏みしめる」を意識すると、

自然に腕の力が抜けるものです。

(2)アドレスでクラブを地面から浮かせる

ティーアップしたボールを打つ時にクラブを地面につけず、少し浮かせてみましょう。

クラブを地面から浮かせた状態で、

バックスイングをはじめると力みが取れやすい

という方は多いです。

「地面につけた状態の方が安心できる」という方もいますので、

どちらが正解というものではありません。

両方を試してみて、スムーズにスイングできる方を試して下さい。

応援しています。