3回の素振りでパットの距離感を掴む




スコアアップにパットの距離感が大切!

パットの距離感を良くするには、

3回素振りでパットの距離感が掴めるをご紹介します。

もしあなたも

パットの距離感が悪い

と悩んでいるのであれば、この記事を参考にして下さい。



3回素振りでパットの距離感が良くなる

(1)素振りを丁寧にする

素振りを「チャッチャッ」っと 適当に行う人もいますが、

もっと丁寧に素振りをすると、距離感が良くなります。

具体的には、

・実際にボールを打つイメージで素振りをする

・イメージしたボールが、「イメージした強さ」で
カップに吸い込まれるまで、フィニッシュの状態を保つ。

本番に近い状態でリハーサルが出来るので、距離感がつかみやすくなります。

(2)カップインの確率が高いのは「43cmオーバー」

一般的に、一番カップインする確率が高い強さは、「43cmオーバー」と言われています。

最後の1転がりで、ギリギリ「コロン」と入るジャストタッチでは「弱い」のです。

カップまわりは、多くのゴルファーが踏んでいるため、デコボコしています。

そのため、ジャストタッチでは、カップ手前でボールが曲がるケースが多いです。

43cmオーバーの強さで打てると、グリーンのデコボコの影響が少なくなり、カップインの確率が高まります。

ですので、素振りでも「43cmオーバー」の強さでストロークをします。

ちなみに、よく整備された高速グリーンでは30cmオーバーが良いとも言われています。

(3)3回素振りでパットの距離感が良くなる

1回目は、「少しショート気味の素振り」

2回目は、「少しオーバー気味の素振り」

3回目は、「その中間の素振り」

本番は、3回目の素振りの感覚が消えないうちに、
同じ強さで打ちます。

そうすれば、大きく距離がズレることは少なくなります。

以上、パットの距離感が良くなる「3回素振り」をご紹介しました。

本番を打つ前の、リハーサルとして素振りを大切にすると、パット数を減らせますよ。

もしあなたが

パットの距離感を磨きたい!

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

ロングパットは距離感、ショートパットは方向性を重視
ロングパットは距離感、ショートパットは方向性を重視
パットの距離感と方向性は、ロングパットは距離感のみを合わせ、ショートパットは方向性のみを重視する。パッティングに非常に大切なことです。距離感、方向性どちらも良くなければならない。多くの人は、パットは距離感と方向性、両方が良くなければパットは上手くならないと考えています。

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

3回の素振りでパットの距離感を掴む
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク