どうしたら、スイングの「力み」をとれるのか?

どうしたら、「力み」を取れるのか?

ご存知のとおり、スイング時の力みは、あらゆるミスの原因になります。

飛距離も落ちますし、スイングも安定しません。

スイング中の力みをなくすだけで、飛距離がアップする可能性は高いです。

ただ、、、

頭ではわかっていても力みを取るのは難しいものです。

もしあなたも、

「スイングの力みがとれない!」

と悩んでいるのであれば、この記事が参考になると思います。

スイングの「力み」を取る方法

ラウンド中にも使える方法をいくつかご紹介します。

(1)目をつぶって素振り

目をつぶって素振りをしてから、ボールを打ちます。

素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちましょう。

(2)その場で軽く「ぴょんぴょん」とジャンプする

緊張して「地に足がつかない」、という場合にも有効です。

アドレスの「重心が下がる」という効果も期待できます。

(3)連続素振り

無駄な動きがとれ、スイングがスムーズになります。

(4)ヘッドカバーをグリップにつけて素振り

グリッププレッシャーが弱くなり、上半身の力みが取れます。

(5)左手片手素振り

リズムが早くなる人や、右手が強くなる人に最適です。

左手片手で素振りをしてから、ボールを打ちます。

「チーピンを直す」という効果もあります。

スイングアークが大きくなり、飛距離アップの効果もあります。

(6)トップでクラブの重さを感じる

トップでクラブの重さを感じられない場合は、力んでいる可能性が高いです。

「トップでクラブの重さを感じる」を意識しましょう。

スィングのリズムが早くなるのを防止する効果もあります。

まとめ

力みはあらゆるミスの原因になります。

普段は普通にスイングできても、

プレッシャーのかかる状況で「力み」は出てしまいます。

そんな時は、これをしてみてはいかがですか?

(1)目をつぶって素振り

(2)その場で軽く「ぴょんぴょん」とジャンプする

(3)連続素振り

(4)ヘッドカバーをグリップにつけて素振り

(5)左手片手素振り

(6)トップでクラブの重さを感じる

強い選手は、それを理解しているので、自分なりの対処法を持っています。

もしあなたが、

「スイングの力みが取れない!」

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

ドライバーの飛距離アップに体力的なパワーは不要

応援しています。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク