アイアンの距離感と方向性を磨くには?

なぜ、アイアンのショットが安定しないのか?

と悩んでませんか?

アイアンで狙った場所にボールを打つには、

距離感と方向性を安定させる必要があります。

距離感と方向性が安定すれば、、、

・グリーンをとらえる回数は増えます。

・ピンに寄る回数も増えます。

・バンカーや池にボールを入れてスコアを落とさずにすみます。

結果として、スコアが良くなります。

では、アイアンのショットを安定させるカギは、どこにあるのか?

もしあなたも

「アイアンのショットが安定しない!」

と悩んでいるのであれば、この記事が参考になります。

アイアンの距離感と方向性を磨く方法

アイアンの距離感と方向性を磨くには、「芯」でボールをとらえる必要があります。

「芯」を外すと、飛距離も方向も悪くなるからです。

「芯」で打つためにオススメなのは、「スローモーション打ち」です。

(1)ゆっくりとスイングしてボールを打つ

練習頻度の高いアイアンを使います。

ミドルアイアンか、ショートアイアンが良いです。

ゆっくりとスイングしてボールを打ちます。

スイングの大きさはフルショットです。

ゆっくりスイングなので、飛距離は出ません。

PWで50ヤードも飛びません。

7番アイアンで100ヤードも飛びません。

まったく問題ないです。

チェックするのは、「正しいスイングをしているか?」です。

(2)ボールの飛ぶ方向、曲がりをチェック

ゆっくり振ってボールが真っすぐ飛ばない場合は、普通に打ってもまっすぐに飛びません。

真っ直ぐに打てる場合もありますが、再現性が低くなります。

「ゆっくりとスイングして、真っすぐに飛ぶ」そんなスイングを目指します。

(3)ここをチェックしよう

チェックポイントは通常のスイングとほぼ同じです。

スロースイングにすると細部をチェックしやすくなります。

・バックスイングとダウンスイングは同じ軌道を通っているか?

スイング軌道が安定して、再現性が高くなります。

・クラブと腕と体が同調しているか?

腕を使って「ひょい」とクラブを上げていると、腕が体の正面からはずれます。

一度、体の正面からはずれたクラブをインパクトまでに戻すのは、とても難しいです。

腕とクラブが、体の正面からはずれないようにスイングをしましょう。

クラブ、腕、体が同調していると、腕の力に頼らず、大きな筋肉を使ってスイングをできます。

飛距離が伸びて、方向性が安定します。

・インパクトでフェース面はスクエアか?

ボールの出る方向、曲がる方向に影響します。

・悪い癖が出ていないか?

殆どのゴルファーは、スイングに癖を持っています。

忘れた頃にでてくる悪い癖があります。

「以前に直したつもりの、悪い癖が出ていないか?」をチェックしましょう。

まとめ

「なぜ、スイングが安定しないのか?」

ゆっくりスイングでボールを打てば、原因が明確になります。

嫌になるくらい自分の弱点が見つかります。

自分の弱点をコツコツと直すしか、上達の道はありません。

もしあなたが、

アイアンの距離感と方向性を磨きたい!

と考えているのであれば、↓の練習法がオススメです。

ショートアイアンとロングアイアンの打ち方の違い

ぜひ、お試し下さい。

スポンサーリンク