ゴルフスイングは股関節で腰の回転をさせる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスイングは下半身の力でするものです。

この下半身の力を、クラブを持つ上半身に伝えるうえでもっとも重要なのが股関節の位置です。

ゴルフスイングは股関節で腰の回転がつくられます。

人間の身体構造としては腰だけを回転させることができません。

バックスイングは右腰を回すのではなく、股関節に乗るだけです。

トップオブスイングは、右股関節に強烈なくびれを作り、体重をグッと乗せる。

絶対我慢です!

正しい股関節の使い方を体感するドリル

ショートアイアンで実際にボールを打つドリルです。

(1)スタンスを広く

いつもより、スタンスを広くします。

(2)腰を落としてアドレス

アドレスで腰を落とします。

腰の位置を低くすると「股関節に体重が乗る」 を体感しやすくなります。

(3)バックスイングで右の股関節に乗る

バックスイングで 右の股関節に体重を移動します。

(4)ダウンスイングで左の股関節に乗る

ダウンスイングで 左の股関節に体重を移動します。

このドリルにより、「股関節に乗るスイング」を体感できます。

慣れるまで、素振りをして下さい。

慣れてきたら、ボールをティーアップしてショートアイアンで打ってみましょう。

遠くに飛ばす必要はありません。「股関節に乗る」を体感できればokです。

* * *

飛距離を伸ばすドリルは他にもいろいろあります。

大切なのは、『腕の力で飛ばそうとせず、下半身の力を最大限に活かす』ということ。

今回のドリルにより、股関節を使う下半身主導のスイングを、体感できます。

下半身の大きなパワーをスイングに活かせれば、ショットが安定して、飛距離が伸びます。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ゴルフスイングは股関節で腰の回転をさせる
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!