バンカー超えのアプローチを成功させる

バンカー超えのアプローチは怖くないですか?

バンカー超えのアプローチは難易度の高いアプローチの1つです。

ショートをすると、バンカーに入ります。

ショートを怖がり、強く打ち過ぎると、グリーンをオーバーしてしまいます。

バンカー超えのアプローチを成功するには、コツがあります。

ということで、「バンカー超えのアプローチでスコアを崩さない方法」をシェアします。

バンカー超えのアプローチを成功させる方法

(1)ライを確認する

バンカー超えだけに限りませんが、アプローチはライをよく確認しましょう。

バンカーの近くでは、芝が薄い場所も多いです。

ボールの下に芝があれば、難しいアプローチではありません。

通常どおりのアプローチで、ピンを狙っていけるでしょう。

逆にボールの下に芝がなければ難しいアプローチです。

芝が薄い場合は、

・ボールの位置を右にする

・S/Wではなく、A/W、P/Wなどのロフトの少ないクラブを使う

・ランが大きくなることを想定して打つ

ボールの下に芝がない場合は、「ピンに寄せる」ではなく、「グリーンに乗せる」を最優先にしましょう。

深いラフの場合は、キャリーの距離が減り、ランが増えます。

ライによって、攻め方が変わります。
距離だけでなく、ライを十分確認しましょう。

(2)上げようとする動きがミスの全て

ボールを上げようとすると、ミスショットになります。

S/Wを使えば、ボールは上がります。

「ボールはクラブが上げてくれる」

クラブのロフトを信じて打ちましょう。

(3)頭の高さを変えない

ボールの行方が気になり、ついついインパクトで頭が上がってしまいます。

頭の高さが変わると、トップになります。

「頭の高さを変えずに打ちましょう」

ボールを打った後も、ボールがあった場所を見る。

それくらいの意識で打つとダフリやトップを防止できます。

(4)下りのパットを残しても良いと考える

「パットは上りを残す」というのが鉄則ですが、難しいアプローチでは、グリーンオンを優先します。

無理をしてバンカーに入るのは絶対にさけるべきです。

自分の技術と、状況の難易度を比べて狙い場所をきめましょう。

「下りパットが残っても良い」と考えると許容範囲が広がり、アプローチが楽になります。

アプローチを成功させるポイントは他にもたくさんあります。

ですが、大切なのは、「基準となるアプローチの打ち方」を身につけることです。

「基準となるアプローチの打ち方」があれば、ボールの位置やフェースの開閉などで
いろんなボールを打てるようになります。

バンカー超えでも、深いラフからでもスコアを崩さずにすみます。

「基準となるアプローチの打ち方」を身につけましょう。

それがアプローチ上達の近道です。

応援しています。

スポンサーリンク