この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素振りをしないでパッティングしてみる!

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

パッティングの前に素振りをしないゴルフアーはめったにいない。

たしかに、素振りはタッチを出すためにはきわめて有効だが、間題は、その素りをどこで行なっているかという点である。

多くのゴルファーは、実際のスタンスの位置から半歩ほど後ろに下がった場所で、あくまでラインに平行に立ってこの素りを行なっているはずです。

しかし、プロのなかには、アニカ・ソレンスタムや丸山茂樹のように、ボールの真後ろ、つまりカップとボールを結んだ線の延長線上に、ラインと直角になるように立って素振りをするゴルフアーもいます。

なぜ、ラインに平行に立たないのか?

それは直角に立った方が、ライン全体がよく見え、距離感 (ボールの転がる速度) がイメージしやすいからだ。

パッティングで一番大切なのは距離感、つまりボールが転がる速度のイメージだが、それを確認するには、ラインに直角に立って、ターゲットまでの距離をしつかり把握しながら素振りをした方がいいわけです。

ストロークの前の素振りは、2回と決めているゴルファーもいれば、タッチがイメージできるまで何回でもというゴルファーもいる。

しかし、

なかには宮里藍のように素振りは一度もしないというゴルファーもいます。

素振りをしないのは、あくまで直感を大切にしたいからだろう。

プロともなれば、ボールとカップの位置をひと目見たたけで、距離感がイメージできる。

しかし、そこで素振りをしてしまうと、最初のイメージがだんだん簿らいでくる。

あるいは、素振りをくり返すうちに、かえってタッチに違いが生じるということもある。

もちろん、素振りをしないでストロークするのは、かなり勇気がいる。

素振りをしなくても、イメージ通りのストロークができるだけの技術も必要に違いない。

しかし、だからといって、

素振りをしないのはプロや上級者だけと決めつけるのは早計ではないか。

なぜなら、アマチュアのなかには、素振りをくり返すうちに、しだいに「このパットは絶対に入れなければならない」

とか「だんだん曲がりそうな気がしてきた」など、余計なことを考え始める人が多いからだ。

さらに、パットの前の素振りが、「タッチを出すため」ではなく、完全に形骸化してしまっている人も多そうである。

そんな素振りなら、しないほうがマシ。

このところパットがというゴルファーは、一度、素振りをしないでバッティングしてみることをオススメします。

是非、試してください。

スポンサーリンク
素振りをしないでパッティングしてみる!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!