ショートパットが得意になる方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフの上手いプレーヤーはショートパットが上手いです。

ショートパットが上手いのはラウンド経験が豊富ということもありますが、ショートパットを上達するにはコツがあります。

ドライバーのミスはセカンドショットやアプローチでリカバリーできます。

しかし、ショートパットのミスはリカバリーできません。

カップに近い場所でのミスほどリカバリーが難しく、スコアダウンに直結します。

当たり前のことですが、

今まではずしていたショートパットを入れる分だけスコアが良くなります。

ショートパットが得意になる練習方法

(1)「自信」と「慣れ」を作る

ショートパットを上達するにはいくつかポイントがあります。

あまり意識していな方も多いですが「自信」と「慣れ」も大切です。

自信がないとヘッドアップになり、インパクトでフェースがズレやすいです。

ショートパットに慣れていないと、不安が生まれます。

不安がヘッドアップや、インパクトでの緩みになります。

ショートパットの自信や慣れを養う練習ドリルがあります。

(2)50cmのショートパットからスタート

出来るだけ平坦な場所にあるカップを選び、より簡単にするために上りのラインを選びます。

50cmの距離のパットをします。

この距離なら自信を持ってカップインできるでしょう。

(3)10cmずつ距離を伸ばします

60cm、70cm、、、、1m

と徐々に距離を伸ばしていきます。

ポイントは、カップインするときのボールのスピードを一定にすることです

距離を伸ばしていくと外しやすい距離がでてきます。

外したら、10cm近い距離に戻します。

入れたら、10cm伸ばします。

これを繰り返すことで、ショートパットの慣れと自信を養えます。

外しやすい距離を重点的に練習できます。

(4)上りラインに慣れてきたら、他のラインを練習する

上りラインに慣れてきたら、他のラインで練習しても良いです。

フック、スライス、下りのラインです。

上りのラインに比べて圧倒的に難しいです。

カップを外し続けると練習がつまらなくなりますので、はずさないように距離を短くしても良いです。

この方法は「いつもは外していた距離のパット」を念入りに練習できます。

そのためスコアアップに直結します。

カップインを何度も行うので自信と慣れも養えます。

パットはゴルフスコアの半分近くをしめているので、工夫してパット練習をすると短期間にスコアアップできますよ。

是非、参考にしてください。