入った”ではなく狙って”入れる”パッティング

あなたの、パッティング数を確実に減らし、ベストスコアを狙えるようになる、パッティング上達の秘訣を知りたくありませんか?

パッティングの重要性

パー72の半分はパット。 ショット36、パット36。

つまり、ショットにはドライバーから、アイアン、アプローチ、バンカーまで入れたショットが36で、パットだけで36なのだから、いかにスコアにおいてパッティングが重要かわかります。

スコア100以上の方も、例外ではなく、スコアカードを見るとパッティング数がスコアの半分近くをしめています。

パット数がスコアの約半分をしめる

ショット55、パット46、スコア101

このことから、スコアアップのためには、ショットの練習とパッティング練習は同じくらいするべきですよね?

バランスから考えるとそれが当然ですよね?

しかし、パッティングの重要性は、一般的に言われていますが、実際にパッティングの練習をしている人は少ないのが現実です。

それは、何故か?

それは、「どのように練習すれば良いかわからない」、「地味なパッティング練習はすぐに飽きてしまう

の2点につきます。

パットで、お悩みではないですか?

「パッティングラインの読み方がわからない」

「いつも、オーバーまたはショートしてしまう」

「1mのショートパットをはずしてベスト更新を逃してしまう」

「自分にはどんなパターがあっているのか、わからない」

ショットの調子が良いのに、パッティングが不調でベストスコアを逃してしまった人を沢山、見てきています。

本人も残念でしょうが、一緒にラウンドしている私も残念に思います。

そんな時、いつも思います。

なぜ、多くのゴルファーは、ショットの練習は熱心にするのに、パッティングの練習はしないのだろう?

パッティングのコツなんてショットに比べれば単純で、正しく練習すれば、すぐにベストスコアがだせるのに・・・

スコアの半分をしめるパッティングは、コツをつかんで練習すれば確実に上達します。

この記事を読んでいただいている方には、こんな失敗をして欲しくありません。

3パットが多い!パット数を減らしたいゴルファーは↓の記事も参考にして下さい。

入った”ではなく狙って”入れる”パッティング

スポンサーリンク