ダウンブローはアイアンスイング上達への近道




アイアンでボールを上げるには?

初心者の場合、アイアンショットが上手く

打てない人は多いものです。

その理由は、インパクトの正しいイメージを

持っていないからです。

ゴルフボールが空中に上がる仕組みを理解しましょう。



正しいダウンブローのインパクトを習得

トップやダフりなどのミスが出る人は、

アッパーブロー(上昇軌道)で

インパクトすることにより、

ボールが空中に高く舞い上がると思っているものです。

しかし、

実際にはダウンブロー(下降軌道)で

インパクトすることで、高弾道が生まれるのです。

正しくダウンブローでインパクトすると、

クラブがボールの下に潜り込み、

その際にボールにバックスピンを与えます。

バックスピンのかかったボールは、

空気に当たることで浮力が加わり、

空中に高く舞い上がるのです。

(1)ダウンブローで打てない例

正しいダウンブローのインパクトができないミスを紹介します。

まず、ボールを空中に高く打ち出したいという意識から、インパクト前に手首の角度を開放してしまうケースです。

この症状を一般的にはアーリーリリースと呼びます。

この状態になると、クラブの最下点がボールよりも手前になるので、トップボールが出やすくなります。

また、上手くインパクトできたとしても、ロフトが増えた状態でインパクトをするので、ボールは必要以上に高く舞い上がり、十分な飛距離を得ることができません。

(2)ダウンブローでボールをとらえるコツ

正しくダウンブローでインパクトするためには、2つの注意ポイントがあります。

まず始めに、インパクト時のスイング軸(背骨)をアドレスとほぼ同じ位置にすることです。

軸を安定させる為には、頭の位置とボールの見え方に注意を払えば良いのです。

アドレス時のボールの見え方と、インパクト時のボールの見え方が同じになっていれば、スイング軸はアドレス時と同じ位置にあるはずです。

もし、インパクトでボールを真上から見ていれば、軸が目標方向に傾いているはずです。

反対に極端にボールの後ろ側(側面)をみていれば、軸が右足方向に傾いていることになります。

もしあなたが、

アイアンをダウンブローで打ちたい!

と考えているのであれば、↓の練習法を試してはいかがですか?

7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法
7番アイアンをダウンブローに打つ練習方法
アイアンのミスショットが多いのは辛いですね。 コースで、これから120ヤードの セカンドショットを打ちます。 この距離ならピン...

応援しています。

参考: どうすれば、ゴルフ上達できるの?

手っ取り早く90を切ろう!

ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

164cm、61歳、グローブサイズ22の私でも平均飛距離280ヤードです。

身長、体重、年齢、性別はゴルフスコア、飛距離にはなんのかかわりもありません。

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

ゴルフの上達を妨げているのは錯覚と誤解なのです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法!

スポンサーリンク

フォローする

ダウンブローはアイアンスイング上達への近道
この記事をお届けした”上達するゴルフ練習法”の最新記事を、いいねしてチェックしよう!



スポンサーリンク