この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショートホールを確実にパーオンする上達への近道

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ショートホールは、確実にパーオンしたいですよね?

パーオンすれば、バーディーやパーを取れる確率は高いです。

逆にショートホールでグリーンを外すとスコアを崩しやすいです。

ゴルフのスコアアップにとても重要なのが、ショートホールをいかに攻めきるかです。

ティーショット次第ではバーディも出たりするのですが、ダブルボギー、トリプルボギーも出やすいのがショートホールです。

それは、グリーンまわりにスコアを崩しやすいワナが多いからです。

ショートホールは、ティーアップして打てる代わりに、グリーンまわりは難しくなっています。

谷、池、深いバンカー、OBなどが、通常よりも厳しく配置されています。

そのため、スコアを崩さないために、「ショートホールは確実にパーオンする」必要があります。

ショートホールが苦手だという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ショートホールを確実にパーオンする方法

(1)「打ち上げ」「打ち下ろし」を把握

「打ち上げ」「打ち下ろし」の度合いを確認しましょう。

高低差の大きさによりクラブの番手が変わります。

長いクラブほど、高低差の影響を受けます。

短いクラブほど、高低差の影響は少なくなります。

クラブを選ぶ前に、

「打ち上げ」、「打ち下ろし」を確認しましょう。

(2)キャリーとランの距離が変わる

打ち上げは、キャリーが減り、ランが増えます。

打ち下ろしは、キャリーが増え、ランが減ります。

キャリーとランを把握していると、

攻めのゴルフをしやすくなります。

(3)グリーン上空の風を把握

ショートホールだけではないですが、必ず風を確認しましょう。

ショートホールは「情報収集」でワンオンの確率が変わります。

距離、高低差、風などです。

特に「風」の把握がおろそかになりやすいです。

特に打ち下ろしのホールは風の影響を受けやすくなります。

ボールが飛んでいる時間が長くなるからです。

さらにティーグラウンドとグリーン上空の風向きが違うこともあります。

場所によって風向きが違う場合はどうすれば良いのか?

風の影響を一番受けるのはグリーン上空の風です。

ボールの勢いが弱くなってからの方が風の影響を受けやすいからです。

場所によって風向きが違う場合はグリーン上空の風を優先して考慮しましょう。

(4)ロフトを信じて打つ

打ち上げのホールは、ボールを高く上げたくなります。

一番いけないのは、

ボールを打つ前に体が起き上がる動きです。

ボールはクラブが上げてくれます。

クラブのロフト信じていつも通りに打ちましょう。

(5)目線をいつも通りに

ショートホールでミスの原因の1つが「目線の高さが変わる」です。

打ち下ろしホールだと目線が低くなりやすいです。

目線が低くなると、いつもよりも上から鋭角に打ちこみがちです。

緩やかなダウンブローはナイスショットの確率を高めますが鋭角すぎるとミスの原因になります。

目線を下げず緩やかなダウンブローで打ちましょう。

打ち上げホールだとボールを上げたくなり目線が高くなりやすいです。

目線が高くなるとスイング軸が右に傾きやすいです。

スイング軸が右に傾くと通常よりもスイングの最下点が右に移動します。

スイングの最下点がボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

グリーンが下にあっても、上にあっても、、、

目線の高さはティーグラウンドと水平にしましょう。

「打ち下ろしは、目線を高めにする」

「打ち上げは、目線を低くする。」

という意識で調度良いです。

目線の高さがいつもと変わるとスイング軸がズレます。

打ち下ろし、打ち上げのホールは、目線の高さに気をつけましょう。

(6)グリーンセンターを狙う

ショートホールはピンを狙いたくなりますが、

アイアンに絶対の自信がない場合は、

常にグリーンセンターを狙う」という方法も良いです。

グリーンを外す確率が少なくなりますし、グリーンセンターに乗せれば、ファーストパットもそれほど長くなりません。

(7)ティーアップが高すぎませんか?

「ショートホールのティーアップが高すぎる」

この間違いは多くのゴルファーがしています

もしかすると、あなたも同じ間違いをしているかもしれません。

ティーアップが高すぎると
「ひっかけ」や「ダフリ」の原因になります。

もしあなたがショートホールで

「ひっかけになる」
「ダフリやすい」

と悩んでいるならティーアップが高すぎるかも。

ショートホールでは「ダフりたくない」という心理から、ティーアップが高くなりがちです。

しかし、ティーアップが高いとダフりになりやすいです。

なぜでしょうか?

ティーアップを高くするとアッパーブローに打ちたくなります。

するとボールを右から覗きこむようなアドレスになりやすいです。

スイング軸が右に傾くのです。

スイング軸が右に傾くと通常よりもスイングの最下点が右に移動します。

スイングの最下点がボールの手前になるのです。

そのためダフリやすくなります。

ダフリが怖くてティーアップを高くしているのに、逆効果なのです。

ダフリにならなくてもひっかけになりやすいです。

ティーアップが高いと左にひっかけやすくなります。

ティグラインドの芝の葉先とティーの高さをそろえるぐらいが調度良いです。

ちょうど薄い芝の上に「ふわり」とボールが浮いているような状態です

まとめ

ショートホールを攻略するポイントは、

他にもいくつかありますが、ショートホールで、「攻めのゴルフ」をするには、アイアンを「ダウンブロー」に打つ必要があります。

ダウンブローに打てると、アイアンの飛距離が伸びるので、短い番手を使えます。

打球の回転が増えるので、キャリーの距離が伸びて、グリーンで「ピタッ」と止まるボールになります。

「短い番手を使える」、「グリーンでボールが止まる」ため、バンカー超えの位置でもピンを狙えます。

ティーアップしたボールを打つ場合でも、ダウンブローに打てる方が有利なのです。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ショートホールを確実にパーオンする上達への近道
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!