ワイドスタンスでドライバーの飛距離を伸ばす方法




「飛距離を伸ばしたい!」

「もっと遠くに飛ばしたい!」

そんな時は、スタンスをいつもより、少し「広め」にしてみましょう。

ワイドスタンスは、プロも実践する飛距離を伸ばすための工夫の一つです。

通常、ドライバーのスタンス幅は自分の肩幅ぐらいのものです。

これよりも広くすると基本的にはワイドスタンスと呼ぶことになります。

ワイドスタンスにすると、体の回転は通常のスタンスよりも少し窮屈になりますが、しっかり体重移動をを使ってボールを打てるようになるため、大きなスイングができるようになるメリットがあります。

ワイドスタンスにするだけで10ヤードは飛距離が伸びるでしょう。

スタンスを少し広くするだけで飛距離が伸びるケースは多いです。

飛距離が伸びただけでなくあきらかにショットの安定性も良くなります。



ワイドスタンスで飛距離アップ

(1)ワイドスタンスはバックスインでパワーがたまる

飛ばし屋のプロは殆どワイドスタンスです。

ワイドスタンスで飛距離が伸びる理由はいくつかあります。

ワイドスタンスには「下半身が安定する」というメリットがあります。

下半身が安定するのでバックスイングでパワーをためやすくなります。

バックスイングでパワーがたまれば飛距離がでるのです。

下半身が安定するのでショットも安定しやすいです。

一般的にスタンス幅は肩幅程度といわれています。

松山プロ、石川プロののドライバーショットは「ワイドスタンス」なのがわかります。

(2)フィニッシュで振りきれる範囲でワインドスタンスを試す

では、どこまでワイドスタンスにすれば良いのか?

ワイドスタンスにすると下半身は安定しますが体を回転するのが難しくなります。

フィニッシュで振りきれる範囲でワイドスタンスを目安にしてはどうでしょうか?

スタンス幅を変えるだけで飛距離もショットの安定性も大きく変わります。

飛距離が伸びるので試してみてはいかがですか?

(3)スタンス幅を変えたらボール位置も変える

スタンス幅を変えたらボールの位置の調整も必要です。

一般的にドライバーショットではボールの位置は「左足かかと線上」と言われています。

ただし「左足かかと線上」というのはスタンス幅を肩幅にした場合です。

スタンス幅を広くした場合はボールを少し右に移動すると良いです。

微調整して一番ショットが安定するボール位置を見つけて下さい。

まとめ

ワイドスタンスで飛距離を伸ばす方法!

(1)ワイドスタンスはバックスインでパワーがたまる
(2)フィニッシュで振りきれる範囲でワインドスタンスを試す
(3)スタンス幅を変えたらボール位置も変える

飛距離が伸びるとゴルフが変わります。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

参考:こちらにも飛距離を伸ばす練習法があります。

前傾角、中心軸を安定させればヘッドが加速する
前傾角、中心軸を安定させればヘッドが加速する
前傾角、中心軸の流れが発生しないようにすると加速のスピードが上がります。それは、体は中心に残ろうとする動きと、ヘッドは前方に動こうとする動きで体とクラブヘッドが引っ張り合う形になります・・・

参考になれば幸いです。

応援しています!

スポンサーリンク