ドライバーの飛距離を伸ばすスイングリズムとは?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今よりも、飛距離を伸ばしたい!

あなたがそう思うなら、この記事を読んでみてください。

あなたの飛距離を伸ばす“簡単”な方法が見つかります。

その方法とは、

「あなたにとって、理想的なリズムでスイングをする」です。

スイングのリズムには、飛距離が出るリズムと、飛距離が出ないリズムがあります。

では、飛距離がアップするスイングリズムとは?

「あなたの体に最も無理のないスイングリズム」です。

飛距離を出すためには、「単にスイングするスピードが速ければいい」ではありません。

飛距離不足に悩む多くのゴルファーが、飛ばそう、飛ばそうと、スイングスピードを早くします。

すると、「打ち急いだスイング」になり、スイングが不安定になり、飛距離をロスします。

飛ばそうとして、逆に飛ばないスイングをしているのです。

では、どうすれば良いのか?

正解は、

あなたにとって『理想的なリズム』でスイングをする。

理想的なリズムは、人にそれぞれに違います。

体格も違いますし、使っているクラブも違うからです。

あなたにとって、理想的なリズムでスイングをすると…

・スイング軸が安定する

・芯を食う確率が高くなる

・インパクトでヘッドが加速する

・気持ちよくクラブが振れる

そうすることで…

ショットが安定し、飛距離も伸びます。

では、あなたにとって理想的なスイングリズムを見つけるために、実際にどうするのか?

『理想のスイングリズム』を見つける方法

あなたにとって理想的なスイングリズムを見つける方法は…

左腕のみで素振りをして、気持ちよくクラブを振れるリズム

これが、あなたにとって、理想的なスイングリズムです。

左腕のみで素振りを行うと、

両腕で素振りをしていた時に比べて速いスピードでクラブを振ることができません。

この左腕のみで素振りをしたゆっくりしたスピードのスイングが、

●あなたの体に最も無理のないリズム
●あなたのスイングの軌道が一番安定するリズム

なのです。

この左腕のみ素振りをした時のスイングリズムで、両腕でボールを打つと、

●芯を食う確率が一番高い。
●方向性が一番安定する。

つまり…飛距離がアップします。

簡単な方法ですが効果抜群です。

もしあなたが

素振り練習法で飛距離アップをチャレンジしたいのであれば、
↓の記事が参考になります。

http://egolfview.com/archives/13297

是非、お試しください。