ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフが上手い人はアプローチが上手いです。

アプローチが上手い人は30~50ヤード以内の寄せワンが多いです。

短いアプローチの寄せワンが増えると大幅なスコアアップを期待できます。

あなたもご存知のとおりショートゲームはスコアアップの近道です。

スコアの70%はピンから120ヤード以内で打たれています。

だから、アプローチとパットを重点的に練習すべきでしょう。

30~50ヤード前後の中途半端な距離を苦手としている方は多いです。

この距離を得意になると大幅なスコアアップを期待できます。

ショートゲームを極め方をご紹介します。

30~50ヤードを確実に寄せる方法

アプローチが安定しない理由はいくつかありますが、、、

きちんと当てようという意識が強すぎて手打ちになっているというケースも多いです。

手打ちを防止するためには、「手首の角度を変えずに打つ」が重要です。

手首を使うよりも、肩の回転で打つ方が安定します。

特に30ヤード以内のアプローチは、「両腕と肩でつくる三角形をキープしたまま打つ
が理想です。

アドレス時の手首の角度を変えずに打ちます。

あなたは手首の角度をキープ出来ていますか?

すぐに確認できる方法があります。

30ヤードのアプローチをイメージしてシャドースイングをしてみましょう。

そして、、、「フォローでストップ!」

両腕と肩でつくる三角形をキープできていますか?

アドレスの時に作った両腕と肩でつくる三角形がフォローでも同じ形になっていればOKです。

手首の角度をキープする練習方法としてオススメは「片手打ちドリル」です。

右手、左手それぞれ片手で素振りをします。

慣れたらボールを片手で打ってみます。

手でヒョイと上げるとショットが安定しません。

肩の回転でスイングすると安定して打てます。

おそらく左手の方が右手よりも難しいです。

片手打ちの後に両手でボールを打ちます。

このドリルをするとアプローチのスイングが安定します。

自然に距離感も良くなりますよ。

ですが、距離感に迷いがあると良い結果につながりません。

基準の距離を正確に打つ練習」をするとアプローチはとても楽になります。

15ヤード、30ヤードなど基準の距離を正確に打つ練習をしましょう。

まずはフラットで簡単なライで行います。

慣れてきたら傾斜面やラフで練習をします。

基準の距離感に自信が持てると寄せワンが増えますよ!

30ヤードをピタリと寄せる方法

30ヤードはアマチュア選手が直面する最も多いアプローチの距離になります。

30ヤードの距離感を磨けばスコアアップに優位になります。

30ヤードの距離感の基準を作るクラブは、SWもしくはAWが適したクラブです。

練習を開始する前にウエッジを1本用意してください。

そして、このチョイスした1本のウエッジと心中する覚悟で練習に望んでください。

30ヤードの距離感を磨く反復練習を行う時に、ある時はSWで打ったり、ある時はAWで打ったりしてはいけません。

30ヤードの反復練習を行う時は1本のウエッジのみで行います。

30ヤードの距離感を磨く反復練習の途中で新しいウエッジに買い換えてしまうとその時点でそれまでに作り上げた距離感が振り出しに戻ってしまいます。

ウエッジは使うクラブで

  • クラブバランス
  • クラブ重量
  • ヘッドの重さ
  • ヘッドの素材
  • ヘッドのバンス角
  • ヘッドの形状

などが違います。

距離感を磨く反復練習の途中でウエッジを変えてしまうとそれまでに築き上げた距離感の経験値は0からの振り出しに戻ります。

もし現時点で新しくウエッジを買い換えたいという場合は、反復練習を開始する前に買い換えてください。

1本のウエッジで反復練習をしたほうが短い時間で距離感を養えます。

50ヤードをピタリと寄せる方法

アプローチの距離感の作り方はいくつかあります。

一番、シンプルな方法をご紹介します。

(1)クラブを短く持つ

あなたはSWのフルショットは何ヤードでしょうか?

個人差があるでしょうが、ここでは70ヤードとします。

この距離を基準にします。

10ヤード短い、60ヤードを打つにはクラブを短く持ちます。

グリップする位置を移動して指2本分ほど短くもちます。

2cmくらいでしょうか。

10ヤード短い、50ヤードを打つにはさらにクラブを短く持ちます。

グリップする位置を移動して指4本分ほど短くもちます。

(2)スタンス幅を小さくする

クラブの持つ位置がかわるのでアドレスも調整します。

クラブを短くもつほどスタンス幅を小さくしてボールにも近づきます。

(3)振り幅を小さくする

アドレスが小さくなるので振り幅も小さくします。

10ヤード小さくするときはスリークオーター。

20ヤード小さくするときはハーフショット。

というように基準を見つけると良いです。

ポイントは振り幅を変えるだけでなくクラブを持つ位置とアドレスも小さくするということです。

距離の短いコントロールショットをミスをする原因は「インパクトのゆるみ」です。

アドレスを小さくすると自然に大きく振れなくなるのでスイングがゆるまなくなります。

まとめ

(1)手首の角度キープ
(2)両腕と肩でつくる三角形をキープ
(3)基準の距離を正確に打つ練習を繰り返す
(4)クラブを短く持つ
(5)スタンス幅を小さくする
(6)振り幅を小さくする

距離のうちわけは個人差があるので練習をくりかえして自分のものにしてください。

50ヤード付近のアプローチはスコアに大きく影響します。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク