この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーのトップやチョロの原因と防ぐ方法

「ドライバーでトップやチョロになる・・・」

と悩んでいませんか?

ドライバーのトップやチョロは辛いですよね。

チョロとはボールの上を叩きすぎてボールがチョロっとしか飛ばない状態。

ドライバーのトップやチョロを防ぐにはどうしたら良いのか?

ドライバーのトップやチョロを防ぐ練習方法があります。

トップやチョロになる原因

ドライバーがトップやチョロになる原因はいくつかありますが

主な原因は「上半身が起き上がる」です。

前傾角度が変わっている」わけです。

プロのスイングを見るとフィニッシュでは垂直に立つ選手もいます。

しかしインパクトやフォローでは誰もが前傾角度をキープしています。

イ・ボミ選手のドライバーショットが参考になります。

【動画】イ・ボミ選手のスイング

アドレス、トップ、フォローまで頭の位置が動いていないことがわかります。

体が起き上がる人は頭の位置が上下に動きます。

体が起き上がるとドライバーでトップやチョロになります。

まずは、あなたの現状のチェックから

「前傾角度をキープできているか?」
のチェックは簡単です。

スイングを後方からカメラで撮影して、スイング中の頭の高さをチェックしてください。

頭の位置が上下に動いていれば、前傾角度が変わっています。

他の人に見てもらってもわかります。

ドライバーのトップやチョロを防ぐ方法

(1)腰の後ろを固定

前傾角度をキープできない人は、腰の高さが安定していないケースが多いです。

「スイング中の腰の高さを変えない」がポイントです。

腰の高さが安定すると、上半身の前傾も安定します。

(2)インパクト後もボールがあった場所を見る

チョロやトップになる原因の1つがヘッドアップです。

ボールの行方が気になってインパクトの前に頭が上がるとトップやチョロになります。

インパクトでの動きは一瞬なのでラウンド時に意識して直すのは難しいです。

練習の時点から「インパクト後もボールがあった場所を見続ける癖」を付けましょう。

そうすればコースでも頭があがらずトップやチョロを防止できます。

(3)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとするとすくい打ちになります。

すくい打ちになるとスイングの最下点がボールの手前になります。

ティーアップしたボールはトップやチョロになりやすいです。

地面の上にあるボールはダフルかトップになります。

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

スイングで上げようとしてはいけません。

ショットが安定しなくなります。

(4)フォローでは景色が斜めに見えるが正解

アドレスした状態で前傾角度を変えずに顔を目標方向にまわします。

すると景色が斜めに見えます。

フォローからフィニッシュにかけてこの景色が見えるのが正解です。

実際のスイングではスピードが早すぎて意識をしにくいです。

「ゆっくりとしたスイングをしてフォローからフィニッシュで景色が斜めに見える」を体感してください。

なんどか素振りで練習してください。

結論は、前傾角度をキープできるとショットが安定します。

力強くボールを叩けます。
気持よく振り抜けます。
飛距離も伸びます。

ショットが安定すると大幅にスコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフの悩みを一発で解決する練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーのトップやチョロの原因と防ぐ方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!