肩甲骨・股関節の可動域を広げれば、もっと飛ぶ!




最大のパフォーマンスを発揮させる3つの要素

1.体づくり
2.スイングの効率性
3.ショットの精度の高さ

この3つに尽きます。飛距離の元となるヘッドスピードは、パワーと瞬発力に左右されます。

そして、これは自分自身の努力次第で変えることができます。



基礎となるのは筋力アップです

上半身の筋肉、それを支える強い下半身とのバランスが必要です。

バランスが正しく取れれば、スイングの効率も上がり、無駄な力も入らずスイングで力むこともなくなります。

最も楽に、最も効率的に、最もボールにパワーを伝えることができるのです。

体のコントロールが出来れば、ボールのコントロールも、今よりももっと楽になりますので、ショットの精度も、自然に上がります。

また、上半身と下半身の捻転差です。

このひねりが大きいほどボールは遠くへ飛んで行きます。

例えるなら、ムチのしなりの大きさに応じて叩いた時のインパクトの衝撃の大きさが変わるのと一緒の原理です。

そのためには筋肉の強さだけではなく柔軟性も要求されます。

筋力+柔軟性。

これこそが最大のパフォーマンスを引き出すためのキーワードです。

応援しています。

スポンサーリンク