ドライバーの振り遅れを直すにはどうすれば良いのか?

振り遅れとは、ダウンスイングで体の動きに対して腕やクラブが遅れすぎている状態です。

振り遅れにより多くのミスショットがでます。

・ダフリ
・チョロ
・スライス
・フック
・シャンク

など、、、あらゆるミスショットの原因になります。

振り遅れは飛距離をロスする原因にもなります。

振り遅れを防げるとショットが安定して大幅な飛距離アップを期待できます。

ドライバーの飛距離が30ヤード伸びたら!

ゴルフが最高に楽しくなりますよね。

ちょっとしたコツで飛距離が伸びる事も多いです。

あなたが飛距離をロスしている原因を見つけてひとつひとつ取り除きましょう。

大幅な飛距離アップを期待できますよ

振り遅れを解消して飛距離を伸ばす

(1)バックスイングは肩の回転で行なう

振り遅れになる原因はバックスイングにあるケースが多いです。

バックスイングを腕でヒョイとクラブをあげると振り遅れになります。

腕でヒョイとクラブを上げると体の正面からクラブが外れます。

体の正面からクラブが外れるとインパクトまでに戻す必要があります。

一度、体の正面から外れたクラブを元に戻すのは難しいです。

ではどうすれば良いのか?

バックスイングを腕でなく、肩の回転で行なうと良いです。

体の正面に腕とクラブをキープできるので振り遅れを防止できます。

(2)過度な体重移動をやめる

必要以上に体重移動を行うと、振り遅れになりやすいです。

最近のクラブは体重移動よりも体の回転をメインにした方が良いです。

その方が飛距離も伸びますし、方向性も安定します。

(3)オーバースイングを直す

オーバースイングとは、「トップのポジションでシャフトが地面と平行を超えてしまう状態」です。

ダウンスイングで腕が体の回転に追いつかず振り遅れになりやすいです。

オーバースイングを直すとショットの安定と飛距離アップを期待できます。

まとめ

振り遅れを解消して飛距離を伸ばす方法は、

(1)バックスイングは肩の回転で行なう
(2)過度な体重移動をやめる
(3)オーバースイングを直す

です。

振り遅れを防げるとショットが安定し大幅な飛距離アップを期待できます。

もしあなたも

「ドライバーの振り遅れで飛距離が伸びないと感じているのであれば!」

↓の練習法を試すと良いでしょう。

左肩リードのスライド・ターンで飛距離を伸ばす方法

応援しています。

スポンサーリンク