飛距離への挑戦!60歳を超えてもバンバン飛ばせるゴルフ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフは何歳になっても「飛ばしたい」という思いが!

飛ばそうと思えば、思うほど、飛ばないし、ミスが多くなる。

よく「力が入ってしまった」とか、「もっと力を抜いて振らなければ」などと言われます。

では、なぜ力が入ると飛ばないし、ミスが多くなってしまうのでしょうか。

大きな要因の一つは、クラブの構造にあります。

ゴルフクラブは、グリップとクラブヘッドをシャフトでつないでいます。

ボールを打つのはクラブヘッドです。

すなわち、ヘッドスピードが飛距離に大きく影響するわけです。

飛ばすためには、クラブヘッドをできるだけ素早く振り回すことが大事です。

「飛ばない」と悩む人の多くが、ヘッドではなく、グリップを一生懸命引き下ろそうとしてしまいます。

さらに、「曲げたくない」という思いから、腕、グリップ、シャフト、ヘッドを一体にして動かしてしまいます。

野球で言えば、バントをするような形です。

バントをするような形で、いくら速く振ろうとしても、なかかかスピードは上がりません。

プロや上級者の中には、「グリップではなくヘッドを振れ」と言います。

さらに、「手元は止めておけ」と言います。

ムチや縄跳びをイメージするとわかるでしょう。

ムチや縄(シャフト)の先端を速く振るためには、できるだけ手元は動かさないほうがいい。

腕やムチを一体にしてなどと考えていると、ムチは振れません。

さらにクラブの動きはクラブに任せる。

手をできるだけ動かさず、体の動きだけでクラブを振ってみる。

意外にと思えるほど、スピードが上がります。

力を抜いてスイングできるようになったら、シングルになれるでしょう。

毎週、練習場に行っているのになかなか上達しないと感じている人は、試してください。

60歳を超えても飛距離アップするぞ!

飛距離を伸ばしたいのは私達ゴルファーなら誰もが思うこと。

ドライバーの飛距離がでるとセカンドショットで短いクラブを使えます。

パーオンの確率が上がります。

バーディの確率の上がります。

飛距離の出し方は色々ありますが2つの方法を紹介します。

ドライバーの飛距離アップの方法

(1)肩を深く捻転する

テークバックで左肩を右に押し込むイメージです。

手先であげると肩の捻転があさくなりやすいです。

左肩、左腕、クラブを一体化して左サイドを右に押すようにテークバックします。

左肩が深く入りやすいです。

肩が深く入るので捻転が大きくなり飛距離がでます。

但し、上下の捻転差を出すために下半身(腰)はなるべく回転させないことです。

(2)テークバックで右肩を後ろに引く

テークバックで「右肩を後ろに引く」というイメージもオススメです。

「右肩を後ろに引く」と体幹を使ってスイングできます。

ゆっくりとしたスイング始動をしやすいです。

肩の回転も深くなります。

「手でヘッドを持ち上げる」のではなく「右肩を後方に引く」がオススメです。

体幹を使ったスイングになり飛距離が伸びると同時にスイングが安定します。

*** 飛距離アップのポイント ***

(1)テークバックで左肩を右に押す
(2)テークバックで右肩を後ろに引く

どちらかの方法を選んでも良いです。
両方を同時に試しても良いです。

肩の捻転が深くなり飛距離が伸びます。
飛距離が伸びるとゴルフが楽になりますよ。

課題を1つ1つクリアすれば、必ず飛距離は伸びます。

でも、飛ばすばかりがゴルフではないよ

ハリー・バードンドライバーの飛距離に一喜一憂しようが、アイアンショットの1打も、アプローチの1打も、パットの1打も等しく1打なのに、なぜかドライバーショットでは飛んだの、飛ばないだの?

確かにドライバーが飛ぶと、それだけアドバンテージにはなります。

しかし、飛ばせば飛ばすほど、曲がる確率が高くなることも確かなのです。

距離が出るばかりにOBになるリスクも高くなるのです。

飛ばし屋たちはここを忘れてしまっているのでは。

飛ばすばかりがゴルフではないよ!

むしろ不利になることも多いのです。

特に全米オープンや全英オープンは、ただの飛ばし屋には栄冠をわたさないコースセッティングにしている。

事実、歴代のチャンピオンを見渡すと飛距離よりは正確性を出した者が勝利を得ている。

そしてアマチャアなど特にロングヒッターは自分の飛距離に酔うあまり、それの練習しかしない。

逆に飛ばない人はアプローチなどのスキルを磨いてオールラウンドプレーヤーを目指そうとする。

飛ばし屋が大成しないという理由がそこにあるのでは?

一発の飛ばし屋と狙った場所に打つゴルファー?

あなたはどっちのゴルファーになりたいですか?

最高のティーショットで、すごい飛距離が出た!

でも次のホールのティーショットはOB連発・・・

ショットを打つたびに不安を感じている。

「ボールがどこに飛んで行くのか予想できない」ゴルファーと、いつも落ち着いて、「狙った場所にボールを打つ」ゴルファー。

あなたはどっちのゴルファーになりたいですか?

もしあなたが、

・ティーショットが安定せず、OBや林にボールが入る

・セカンドショットが左右に散らばり、池やバンカーボールが入る

・ショットを安定しないから、スコアがまとまらないと悩んでいるなら、

ショットの方向性を安定させ狙った場所にボールを打てるスイングを身につけることです。

・ティーショットでOBを打つという不安から解放され

・少ない時間で「狙った場所にボールを打つゴルファー」になり

・最短ルートでゴルフのスコアを縮める事ができます

「一発の飛ばし屋」と「狙った場所に打つゴルファー」

あなたはどっちのゴルファーになりたいですか?

「狙った場所に打つゴルファー」になり、良いスコアでラウンドできます。

参考になれば幸いです。