上達するアプローチショットの打ち方のポイント

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチのミスが減らない・・・

と悩んでいませんか?

アプローチでミスせずに

ワンピンに寄せられたら

スコアは絶対に良くなります。

アプローチショットが

上達する打ち方のポイントを紹介します。

アプローチショットの打ち方のポイント

自分なりの「基準となる打ち方」を持つと

アプローチは安定します。

自宅でパッティングマットを使って

2mのアプローチを繰り返すのも良いです。

短いアプローチで基本を身に付けます。

練習場で30ヤードの距離を

繰り返し練習するのもオススメです。

練習場のマットの上で基準となる打ち方を

身につけるために反復練習をします。

次は、

アプローチに使うクラブの選び方でミスを減らせます。

AW(52度)とSW(58度)では打ち方が違います。

アプローチに使うクラブはSWでもAWでも良いです。

自分の基準となる打ち方でクラブを使えば良いです。

アプローチに使うクラブとして

AWやPWも選択肢に加えると良いです。

SWに比べてロフトが少ないAWやPWは

花道で平らな場所からのアプローチはミスが少なく

距離感もあわせやすくなります。

どちらが打ちやすいかは打ち方によって個人差があります。

基準となるアプローチの打ち方」を身に着けていれば

クラブを変えても距離の再計算は容易と思います。

また、

ゴルフは練習場とコースでは

どうしても環境の差が大きいので、

コースでいろいろ試してみると良いでしょう。

上達が早い人はラウンド中にいろいろな打ち方を試します。

まとめ、アプローチショットのポイント

・反復練習で「基準の打ち方」を身につける
・自分の基準に合ったクラブの選択
・ラウンドでいろいろ試してみる

アプローチのミスを減らせると

大幅なスコアアップを期待できますよ。

是非、試してください。