アプローチのミスを減らすノーコック打法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30ヤード以下の短いアプローチは

ノーコックで打てばミスがへります。

短いアプローチのミスを減らすには、

手首を固定してコックをしないで打つとミスを減らせます。

もしあなたが「アプローチのミス」に

悩んでいるなら役に立つでしょう。

アプローチをノーコックで打つと

・入射角が安定する
・打点が安定する
・大きなミスにならない

など、、、

グリーン周りでの打数が減りスコアアップが期待できます。

アプローチのミスを減らすノーコック打法

30ヤード以内の小さなアプローチでミスを減らす方法です。

(1)シャフトと左腕を一直線にする

ハンドファーストでアドレスします。

グリップは左ももの前。

アドレスで左肩、左手、ヘッドを一直線にします。

シャフトと左腕が一体になりスイング軌道が安定します。

(2)体重は左に多めにかけて、体重移動をしない

体重は左に多めにかけます。

左6:右4くらいの体重配分です。

飛ばす必要がないので、スイング中に体重移動はしません。

体重移動をすると打点がずれやすくなります。

(3)手首を固定する(ノーコック)

手首を使わず肩の回転でクラブを上げます。

手首を固めるというより、手首を自分で動かそうとしない。

また、右手とクラブでできる角度を変えない意識も必要。

(4)ホウキで掃くようにスイング

手首の動きをおさえて肩の回転でスイングをします。

ホウキで掃くようにスイングすると入射角が安定します。

まとめ

・シャフトと左腕を一直線にする
・体重は左に多めにかけて、体重移動をしない
・手首を固定する(ノーコック)
・ホウキで掃くようにスイング

コックを使わないと打点と入射角が安定します。

距離の短いアプローチには

ノーコックが向いているわけです。

ノーコックの打ち方を覚えると

アプローチがとても簡単になり、

大きなミスが減り、距離感も作りやすい。

もしあなたがアプローチでスコアを損しているなら

「ノーコックでアプローチ」を試してみませんか?

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
アプローチのミスを減らすノーコック打法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!