飛距離アップのコツを掴めばドライバーで250ヤード以上飛ばせる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの飛距離アップを望むゴルファーがとても多いと思います。それと同時に、「飛距離アップは難しい」「どうすればいいのかわからない」と考えている方も多いようです。

しかし、実は飛距離アップをすることは、そんなに難しい事ではありません。

飛距離アップのコツを掴めば、20~30ヤード程度の飛距離アップは誰でも実現することが出来ます。

ここでは飛距離アップにおいて、誰でも身に付けられる飛距離アップのコツを紹介します。

あなたの飛距離アップはコツを掴めば簡単です。

ドライバーの飛距離アップには何が必要なのか?

飛ばしには、ボール初速」「打ち出し角」「スピン量の3つが適切でなければいけません。

  • ボール初速(ボールが打ち出された瞬間の速さ)
  • 適切な打ち出し角(ボールの弾道と地面を線で引いた角度)
  • 適切なスピン量(ボールを打った時のバックスピンの回転量)

そしてそれぞれの要素を手に入れるために、下記の3つのポイントをおさえておく必要があります。

  • ボールの初速を上げるには、ヘッドスピードが必要
  • 打ち出し角には、クラブのロフトなどが影響
  • スピン量は「クラブフェースの芯で捉える」が重要

では具体的に各ポイントを身に付ける練習法と飛距離アップのコツを紹介します。

1.ドライバーを飛ばす一寸したコツ

(1)飛距離がアップするグリップの「Vの字」

あなたもご存知のとおりゴルフはグリップが大切です。グリップを少し直すだけでショットが安定し、飛距離が伸びることも多いです。

ポイントは「右手のV字は必ずしめる」です。

「飛距離がアップするグリップのVの字」はこちらを参考にして下さい。↓↓

飛距離がアップするグリップの「Vの字」
飛距離がアップするグリップの「Vの字」
V字がしまっていないと、、、トップでクラブがグラグラと動きます。すると、ショットが不安定になり飛距離が落ちてしまいます。V字をしめることでトップが安定します。飛距離が伸びて方向性も安定するわけです。

(2)ドライバーを短く持つ

ドライバーを短く持つと方向性が安定します。

クラブが短くなるとなぜ方向性が安定するのか?

・クラブが短くなるので芯にあてやすくなる

・スイングプレーンがアップライトになるのでインパクトゾーンが直線的になる

・シャフトがしなりにくいのでインパクトが安定する

などなど他にもいくつか理由がありますが、、、

スライスに悩んでいる場合も有効な方法です。

短く持つことでフェースが返りやすくなります。

ドライバーを短くもつと「最大飛距離」は少し落ちますが方向性は大幅にアップします。

ですが、ミート率が上がるので「平均飛距離」は伸びるケースが多いです。

(3)目を閉じて素振りをする

「もっと飛ばそう!」と100%以上のフルスイングを何回も続けるとショットが不安定になってきます。不安定になったスイングを安定させる簡単な方法があります。

それは、「目を閉じて素振り」です。

素振りでドライバーのリズムを整える方法がありますのでこちらも参考にして下さい。

素振りでドライバースイングのリズムを整える方法
素振りでドライバースイングのリズムを整える方法
最適なスイングリズムを見つける練習法。最初に、自分にとって最適なスイングリズムを探し出しましょう。次の4段階にそって、見つけていきます。テンポ60で打つ、少しづつテンポを上げて打つ、自分の歩く速度と比較してみる・・・

(4)ドライバーは体重移動をおさえた方が良い

飛ばそうとするほど、飛距離が落ちる!

こんな経験がありませんか?

その理由の1つが「体重移動の意識」です。

最近の大型ヘッドは昔と比べて体重移動を必要としません。

体重移動をおさえて体の回転でスイングをした方が飛距離を伸ばしやすいです。

体重移動については、こちらを参考にして下さい。

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」
身長161㎝、体重は52㎏!と、女性並みの体形。にも関わらず、ドライバーは270ヤードと大柄なプロの中でも対等に渡り合える飛距離です。その飛距離を実現し、安定したスコアを出すのが、リズムシンクロ打法です。

(5)重心移動をおさえる

飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

右膝が右に流れないようにアドレスからインパクトまで右膝が正面を向いた状態を保つとスイングが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。

軸がぶれないので飛距離が伸び、ショットが安定します。

参考:体幹軸を中心とした回転運動でショットする方法があります。

ゴルフ初心者のための~絶対!100切りプロジェクト~
ゴルフ初心者のための~絶対!100切りプロジェクト~
前傾角、中心軸の流れが発生しないようにすると加速のスピードが上がります。それは、体は中心に残ろうとする動きと、ヘッドは前方に動こうとする動きで体とクラブヘッドが引っ張り合う形になります・・・

2.ドライバーは「芯」で打つのが飛ばしのコツ

以前のクラブはフェースの上の方でボールを打つとバックスピンが減り、飛距離がでるケースがありました。

ギア効果」と呼ばれる現象です。

最近のドライバーとボールは進化しています。

反発力の高いフェースの真ん中で打つと最大の飛距離がでるようになっています。

ドライバーの「芯で打つ」を目指しましょう。

クラブの芯でボールを打つ方法

自分の現状を正確に知ることが、飛距離アップの第一歩です。

まずは、芯で打てているか、ショットマーカーでチェックします。

「芯」を外したケースを4つに分類するとこうなります。

・ヘッドの上側
・ヘッドの下側
・ヘッドのトゥ側(先)
・ヘッドのヒール側(シャフト側)

それぞれに対策をご紹介します。

(1)ヘッドの上側

ティーアップが「高すぎる」可能性があります。
低めのティーアップを試してみましょう。

ボールが高くあがるので、すくい打ちをしているように感じるかもしれませんが、打ち込んでいる可能性が高いです。

ボールの位置が「右すぎる」可能性もあります。この場合、ボールの位置を左に移動して打ってみましょう。

(2)ヘッドの下側

ボールを上げようとして、アッパーに打っているかも知れません。

「低いボールを打つ」を意識してボールを打ってみましょう。

また、ボールの位置が「左すぎる」と、クラブの下側にボールがあたります。

ボールの位置が左すぎるという人は、ボール半分右に移動して打ってみましょう。

(3)ヘッドのトゥ側(先)

アドレスで「ボールが遠すぎる」こともあるので、ボールの位置を確認しましょう。

インパクトで、左ひじが引けている可能性もあります。

(3)ヘッドのヒール側(シャフト側)

アドレスで「ボールが近すぎる」こともあるので、ボールの位置を確認しましょう。

参考:ドライバーの芯でボールを捉えて飛距離アップする方法があります。

クラブの芯でボールを捉えて250ヤード飛ばす方法
クラブの芯でボールを捉えて250ヤード飛ばす方法
クラブの芯で打てれば飛距離が伸びます。クラブの芯でボールを打つと、、、左右のバラつきがなくなり、曲がらない飛距離が出るショットに繋がります。もしあなたが、「ショットが安定しない」、「飛距離が出ない」と悩んでいるならクラブの芯でボールを打つ練習をして下さい。

3.ドライバーは「タメ」を作るのが飛ばしのコツ

遠くへ飛ばそうとしなければボールは遠くに飛びます。

軽く振ると「自然なタメ」が出来てヘッドスピードが上がり飛距離が出ます。

どうすれば「自然なタメ」を作れるのでしょうか?

自然なタメ」を作る方法はいくつかありますが、その中の3つをご紹介します。

(1)ダウンスイングで右脇を締める意識は不要

プロのスイングの連続写真を見るとダウンスイングで右脇は締まっています。

実は「右脇を締めよう」という意識は、スイングのバランスを崩す原因になりやすいです。

(2)右腕をリラックス

右腕をリラックスすると自然なタメが生まれます。

右腕をリラックスするには次の方法がおすすめです。

・アドレスで「右腕の力を抜く」
・アドレスで「右手のグリップを緩める」

アドレスをした時に右腕、右のグリップから「スーッ」と力を抜きましょう。

右腕がリラックスしてダウンスイングで自然なタメが生まれます。

(3)ダウンスイングは左サイドでリード

私達ゴルファーは飛ばそうとするとダウンスイングで右腕を使いすぎてしまいます。

右腕を使いすぎるとダウンスイングでコックが早くほどけます。

ダウンスイングを左サイドでリードすると良いです。

ダウンスイングからフォローまで左肩、左腕でクラブを振りましょう。

ダウンスイングを左サイド主導で行うと自然に「タメ」が生まれやすいです。

自然なタメ」が出来るとヘッドスピードが上がり飛距離がでます。

軽く振って飛距離が出るようになります。

参考:タメの作り方がこちらにもありますので参考にして下さい。

アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る
アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る
アーリーリリースとは、バックスイング時のコックの「タメ」をダウンスイングの早いタイミングで解いてしまうスイングです。アーリーリリースはパワーが開放されて飛距離が出にくくなります。飛距離が出る人は「自然なタメ」が出来ています。

4.ドライバーの打ち急ぎを防ぐのが飛ばしのコツ

(1)極限まで腕と手首を脱力

早ぶりで飛距離を落としている方は腕と手に力が入っているケースが多いです。

こんなドリルがオススメです。

「ぶら~ん、ぶら~ん」とボールの上で素振りをします。

ボールをティーアップせずゴムティーをパシン、パシンと打つのも良いです。

徐々に力を抜いていきます。

ボールを打たないので、力を抜くことができます。

「これ以上無理!」というほど腕と手首から力を抜いて素振りをします。

力を抜いた素振りでは早ぶりはできません。

自然とゆったりしたスイングになります。

(2)腕の力が抜けたらボールを打つ

腕の力が完全に抜けたら、そのままボールを打ちます。

無駄な力が抜けた状態でボールを打てます。

腕の力を抜くと飛距離が伸びる」を体験して下さい。

(3)素振り4回でボールを1球打つ

ボールを打とうとするとついつい力が入りやすいです。

・素振り4回
・ボールを打つ1回

これを1セットで練習しましょう。

「早ぶりになっているな・・・」と感じたら、まずはコレを試して下さい。

腕や手に力が入っていないかチェックすることです。

無駄な力が抜けると飛距離がでやすいですよ。

5.クラブヘッドは少しずつ加速させるのが飛ばしのコツ

インパクト時に最大のヘッドスピードにすれば100%の力がボールに伝わります。

当然ですが、効率良くボールを飛ばせます。

あなたの周りに、練習しないけど飛距離が出たり、それほど体格が良くないのに飛距離が出る人がいませんか?

インパクト時に最大のヘッドスピードを作るためには、トップのポジションからダウンスイング始動後、クラブヘッドは少しずつ加速するのが理想です。

ダウンスイング始動後すぐに加速してはダメです。

ダウンスイング始動後すぐに加速してしまうと、インパクト前に最大のヘッドスピードを迎えてしまいやすくなり、インパクトでヘッドスピードが失速しがちです。

トップのポジションから少しずつスイングのスピードをアップさせていき、インパクトに向けて少しずつ加速するのが理想です。

そうすれば、インパクトからフォローまで最大のヘッドスピードを維持できます。

インパクトからフォローまで最大のヘッドスピードを維持するには、トップのポジションからフォロースルーまで両肩の回転を止めないことが非常に重要になります。

ヘッドスピードがあがり飛距離がアップします。

参考:「飛距離アップにはヘッドを加速する!」を参考にして下さい。

ヘッドを加速させる~安楽流ゴルフスイング理論~
ヘッドを加速させる~安楽流ゴルフスイング理論~
飛ばすリズムを体得することによってさらに飛ばすことができます。どのようにしてこのリズムを体得すべきかを分かりやすく伝えています。このリズムを身に付ければ、あなたも年齢や身体能力に関係なく、今より20ヤード以上伸びるでしょう。

まとめ

(1)ドライバーを飛ばすには一寸したコツ
(2)ドライバーは「芯」で打つのが飛ばしのコツ
(3)ドライバーは「タメ」を作るのが飛ばしのコツ
(4)ドライバーの打ち急ぎを防ぐのが飛ばしのコツ
(5)クラブヘッドは少しずつ加速させるのが飛ばしのコツ

あなたの飛距離はまだまだ伸びます!

応援しています!

今週のおすすめ練習法

ドライバーの飛距離アップでお悩みの方に必見の練習法があります↓

ドライバー飛距離アップの真髄「私が100ヤードの飛距離アップを実現させた4つの方法」

ゴルフの様々なお悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
飛距離アップのコツを掴めばドライバーで250ヤード以上飛ばせる
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!