グリーン奥の左足下がりのアプローチで寄せワンをとる方法




どうすれば左足下がりのアプローチを攻略できるか?

グリーンをオーバーしてしまうと左足下がりのアプローチが残りやすい。左足下がりのアプローチは最も難しいライのアプローチになる。上級者やプロでも嫌う難しいアプローチ。

左足下がりのアプローチは、ボールの後ろ側の方が高いためダフりやすく、構えた時に体重のほとんどが左足にあるためバックスイングする時に右足に体重が乗せにくい。

傾斜が左に下がっているのでボールは必然的に上がりにくくなり、左足下がりの打ち方を知らないと、トップやチョロがでやすい。

左足下がりのアプローチのコツを知ればスコアを崩さずにすみます。

もしあなたが、

左足下がりのアプローチを磨きたい!

と考えているのであれば、この記事が参考になると思います。



左足下がりのアプローチで寄せワンをとる

(1)ボールを絶対に上げようとしない

左足下がりのアプローチで一番多いミスはボールを上げようとする動きです。ボールを上げようとするとダフったり、トップになりがちで、ボールを上げようとするとボールの手前を叩いてしまう。

左足下がりは斜面にそってクラブを振れ!

(2)左足下がりはランの距離が増える

左足下がりは斜面にそって低いボールを打つからランが増えます。ボールを上げようとすると大きなミスになるので低いボールを打たなければならない。大切なのは、ランが増える距離を考慮して、ボールの落とし所を決める

落とし所はグリーンでなくグリーン手前のエッジにしても良い。ラフからのアプローチになるとフェースとボールの間に芝が入りスピンが減りさらにランが増えてしまう。

(3)グリーンの傾斜も下りになる

水はけを良くするために、「グリーン周りの傾斜」と「グリーンの傾斜」は同じ傾斜になっているケースが多いですね。

左足下がりのアプローチはグリーンの傾斜も下りになるケースが多いです。グリーン奥の左足下がりのアプローチはランの距離が増えるので、転がる距離が増えることを考慮してボールの落とし所を決めましょう。

まとめ

・ボールを上げようとしない
・ランが大きくなることを計算
・グリーンの傾斜も下りになるケースが多い

傾斜からのアプローチは、クラブヘッドが地面に触れる場所を確認してボールの位置を決めると大きなミスを防止できます。あとは斜面にそってクラブを振るだけです。

それがアプローチ上達への近道です。

もしあなたが、

左足下がり、左足上がりのアプローチをマスターしたい!

と考えているのであれば、効果的な練習方法があります。

どんな状況からでも寄せワンを狙えるアプローチ
どんな状況からでも寄せワンを狙えるアプローチ
球を転がして寄せるランニングアプローチ、通常の高さでのピッチエンドラン、球の高さを出すロブショット、ラフからのショット、アプローチにはさまざまな打ち方があります。どこからでも寄せれる技術を順番に身につけていきましょう。

是非、参考にして下さい。

応援しています。

スポンサーリンク