30ヤード以内のアプローチを安定させる方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30ヤード以内のアプローチが安定すると距離感が良くなり、
寄せワンが増えてスコアがよくなります。

30ヤード以内のアプローチを安定させるには?

アプローチが安定しない理由はいくつかありますが、、、

きちんと当てようという意識が強すぎて
手打ちになっているというケースも多いです。

手打ちを防止するためには、

手首の角度を変えずに打つ事が重要です。

ただ、練習量が少ないアマチュアは肩の回転で打つ方が安定します。

両腕と肩でつくる三角形をキープして肩の回転で打つ

30ヤード以内のアプローチは

両腕と肩でつくる三角形をキープして肩の回転で打ちます。

アドレス時の手首の角度を変えずに打ちます。

あなたは手首の角度をキープ出来ていますか?

すぐに確認できる方法があります。

30ヤードのアプローチをイメージして
シャドースイングをして、フォローでストップします。

フォローで両腕と肩でつくる三角形をキープできていますか?

アドレスの時に作った両腕と肩でつくる三角形が
フォローでも同じ形になっていればOKです。

手首の角度をキープするには?

手首の角度をキープする練習方法として左手の片手で素振りをします。

慣れたらボールを左手だけで打ってみます。

肩の回転でスイングすると安定して打てます。

片手打ちの後に両手でボールを打ちます。

このドリルをするとアプローチのスイングが安定します。

自然に距離感も良くなります。

アプローチが安定すると、寄せワンが増えてスコアがよくなりますね。

もしあなたがアプローチ練習をあまりしてないなら
アプローチの練習を増やしてみませんか?

スコアが必ず良くなります。

是非、試してください。