絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3パットが多いとゴルフの楽しさが半減しますね。

3パットになる一番の要因は、
ファーストパットの距離感が悪い」、極端なショートやオーバーです。ラウンド中で経験があると思いますが、上りはショートして、下りはオーバーする。ファーストパットを寄せれば3パットが激減します!

アプローチでは下りラインを残さず、上りラインを残すことが重要です。アプローチでグリーンを狙うときに、「ピン位置」「残り距離」「グリーンの傾斜」などをチェックしていると思います。3パットを無くすには下りラインを残さずに寄せることです。ゴルフの基本はピンに対して前から攻めることです。

3パットの原因はグリーンの傾斜を読めていないからです。

グリーンの傾斜を正確に読めると、「上りのパットでショートしない」「下りのパットでオーバーしない」「パットで曲がる幅も正確に読める」。

当然ですが、3パットが減る分だけ、スコアが良くなります。

距離感を向上させ3パットを減らすポイント

コースであなたのパットが、上りのパットはショートして、下りのパットはオーバーする、イメージしたよりも曲がる、という場合は、、、

傾斜を読めていない可能性が高いです。では、どのように傾斜を読めば良いのか?

いくつかポイントがあります。

(1)グリーンの傾斜はグリーンにあがる「前」に読む

グリーンの傾斜を確認するには、グリーンの一番高い場所と、一番低い場所を確認します。グリーンにあがると傾斜が読み難くなるので、グリーンで一番高い所と一番低い所がわかれば
傾斜が読みやすくなります。全体の傾きを頭の中に入れておくと傾斜を把握しやすくなります。まずはアプローチでグリーンを狙うときからピン位置、ピンまでの距離、グリーンの傾斜を把握します。

グリーンの傾斜は、グリーンの周りの地形に大きく影響を受けます。グリーンの外の地形が左から右に傾斜しているならグリーンもその傾斜になりやすいです。必然的に水はけを考慮すると自然と周りの地形に近い傾斜になります。

(2)ラインは低い位置から読む

ボールとカップの付近で、一番低い場所からもラインを確認しましょう。一番低い場所で、目線を下げると傾斜を読みやすくなります。

(3)ラインを反対側から目線を下げて読む

パッティングラインは、カップの後ろ側から読むとわかりやすいです。スロープレーにならないように、自分の打つ番になる前に、カップの後ろ側からもラインを確認しましょう。その時に、「目線を下げてラインを読む」と良いです。プロの試合をTVで見ていると目線を下げてラインを読んでいます。目線を下げるとラインが読みやすいのです。

(4)アプローチのランを計算する

練習場と本番のアプローチの距離感が違います。練習場で30ヤードの看板を狙って練習をしていると本番で「ピンまで30ヤード」というとき、キャリーで30ヤードを打ってしまことがあります。キャリーで30ヤード打ってしまうと、ランの分だけオーバーします。すると下りパットが残りやすくなり、3パットがでることがあります。ランを計算してピンの手前に寄せるようにします。

アプローチの精度を高めると3パットが減り、スコアが良くなりますよ。もし、あなたがアプローチ練習が少ないならフルショットの練習を少し減らしてアプローチ練習を増やしてください。

3パットを減らしてゴルフを楽しみましょう。

3パットの1番の要因は、「ファーストパットの距離が長いから」です。

アプローチでピンに近づければ、3パットを減らせて、スコアが良くなります。

もしあなたが、

3パットが多い!

と悩んでいるなら、↓の練習方法を取り入れることをオススメします。

http://egolfview.com/archives/13542

是非、試してください。

スポンサーリンク
絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク