3パットを減らすグリーンの狙い方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パットが上手いとゴルフが楽しくなります。

3パットを減らせればその分スコアは良くなります。

セカンドショットでグリーンを狙う段階から
パット数を減らす工夫があるのです。

3パットを減らすグリーンの狙い方

(1)上りのラインを残せ!

上りのパットと下りのパットでは難易度がまったく違います。

50cmの下りパットより
3mの上りパットの方が安心して打てるはずです。

上りパットは、
ラインがあっていれば、
タッチが強めでもカップに届きさえすれば、カップインします。

下りパットは、
ラインとタッチの両方が合っていないとカップインしません。

パット数を減らすには下りラインを残さず、
上りラインを残すことです。

グリーン手前にバンカーなどのハザードがある場合は
別ですが50ヤード以内のアプローチでは、
カップ手前にボールを運び上りのパットを残すようにします。

(2)2段グリーンは同じ面にのせる

2段グリーンではカップのある段に乗せないと
3パットの確率が大幅に増えます。
まずは同じ段に乗せる事を考えます。

グリーンセンターまでの距離をなんとなく打つのではなく
ピンがグリーンのどこにあるのかを把握します。
ピンの位置を把握してから攻め方を決めます。

2段グリーンでピンが奥にある場合は非常に厄介です。

グリーンオーバーすると、
返しは下り傾斜のアプローチが残り
スリーパットの色が濃くなります。

(3)手前から奥に傾斜しているグリーンに注意

ほとんどのグリーンは手前よりも奥側が高いです。
いわゆる「受けグリーン」です。

奥に傾斜しているグリーンは
グリーンの奥からパットをした方がやさしい攻め方になります。

ピンの位置だけでなく
グリーンの傾斜を把握してから攻め方を決めます。

傾斜を考えて攻めればグリーンを外した場合でも
アプローチが楽になります。

3パットを減らすには
アプローチでグリーンを狙うときから
グリーン全体の傾斜を把握してから攻め方を決めます。
ショートゲームはスコアのカギを握っています。

是非、参考にしてください。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
3パットを減らすグリーンの狙い方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!